「中華復興」はすなわち世界の復興―韓国人学者

配信日時:2019年9月19日(木) 22時20分
「中華復興」はすなわち世界の復興―韓国人学者
画像ID  1126048
16日、中国社会科学網は、韓国人学者が中国の発展について「中華の復興は世界の復興を意味する」と語ったことを報じた。
2019年9月16日、中国社会科学網は、韓国人学者が中国の発展について「中華の復興は世界の復興を意味する」と語ったことを報じた。

記事は、韓国外国語大学グローバル安全協力センター主任で大統領府国家安保室政策諮問委員の黄載皓(ファン・ゼホ)氏が中国建国70周年に際して中国メディアのインタビューに応じたと伝えた。

黄氏は「中国の市民と話していると、彼らが現在の改革の方向性を非常に肯定しており、現在の指導者に対しても強く信頼し、期待していることが分かる」とし、中国共産党の迅速かつ合理的な意思決定プロセスと、市民の絶大な支持が中国の急速な発展を実現した要因になっているとの見方を示した。

また、共産党の指導者は民心から出発しているからこそ市民から支持を得ているとし「最も印象深いのは、第19回共産党大会の報告で人民を中心とする姿勢の堅持が提起されたことだ」と述べている。

さらに「中国は利己主義ではなく、他国にもシェアする意思を持っている」とし、「一帯一路」構想や、アジアインフラ投資銀行、世界輸入博覧会などがその表れだと説明。「一帯一路」などの措置を通じて、中国が国際関係の改善を推進することに期待を寄せた。

黄氏は「将来、中国は完全に世界の『新たな中心』になりうるし、中国人も自信を持っている。『中華復興』は『世界の復興』でもあるのだ。中国は世界とともに発展していく」との認識を示した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/09/21 15:31)

    >>「中国は利己主義ではなく、他国にもシェアする意思を持っている」 面白い事言ってるなw この人は文 在寅推しの人なんだろうか。 一帯一路なんて、高利貸しのやる事だよ。高い金貸し付けてインフラ整備や箱物を「中国企業」に作らせた上、金を返せないとそれらのインフラや箱物を、或いは資源地帯の権利を奪っていく。 武力こそ使わないものの、経済的に隷属させる経済侵略だ。まあ、それでもゴネれば最終的には人民解放軍の出番になるのかも知れないけどね。 フィリピンといい韓国といい、最近は「中国が平和主義」だとでも言いたげな持論を展開してる連中がチラホラ見られるようになったが、大きな間違いだ。 但し、中国人は「利益」或いは「国益」に聡い。行動と結果を天秤にかけて「大損」が出るような事はしない。日本では「中国脅威論」なんてものもあるが、あれもまた大袈裟過ぎんだよね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Jen***** | (2019/09/20 19:02)

    さすが、中国の属国「コリア省」は、言う事がごま擦りの 太鼓持ちで、レベルが違うよな~。 そもそも、「世界の復興を意味する」って何? 「復興」とは、<1度衰えたものが、再び勢いを取り戻す事> とあるが、いつ、世界が衰えた? 氷河期でも来たか? 「中国の復興」ならまだ意味も通じるが、 <世界の復興>は、全くもって、意味不明。 <中国は完全に世界の『新たな中心』になりうる> ↑成り得ない。 レッドチームの中心なら、すでになっているが。w 2017年12月、訪中した「文」が、 恥も外聞もなく中国にへっつらって、 「コリアは小国。中国は大国。 中国の見る夢が、世界の夢になって欲しい」 うんぬんかんぬんと、寝ぼけた事をぬかしやがったが、 文と言い、この低能コリアン学者と言い、 それだけ中国を崇拝してやがるなら、 単刀直入に、<「コリア省」を作ってください!>と、 習にひざまづきやがれ!!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Gak***** | (2019/09/20 01:32)

    愈々、属国根性丸出しだな。 大中華の復興無くば、小中華の復興無しか? 韓国に信義無しと断じられているにも拘わらず、未だ媚び諂うとは、呆れたものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事