Record China

ヘッドライン:

淮河流域の「がん村」、奇形魚とがん患者の激増=表面上の汚染は減少も、化学物質、重金属は存在―中国

配信日時:2013年7月19日(金) 14時50分
拡大
18日、中国の河南省、安徽省、江蘇省を流れる淮河流域は、近年の汚染によってがん患者が激増している。多数のがん患者が発生している「がん村」の現状について、取材が行われた。写真は淮河で見つかった奇形の魚。

2013年7月18日、北京晨報によると、中国の河南省、安徽省、江蘇省を流れる淮河流域は、近年の汚染によってがん患者が激増している。多数のがん患者が発生している「がん村」の現状について、取材が行われた。以下はその内容。

淮河最大の支流、沙潁河流域の沈丘県は、長年にわたって水の浄化作業が進められ、水質は改善したかに見える。

霍岱珊(フオ・ダイシャン)氏(60)は、淮河の汚染問題に関わり続けて20年になる。「淮河の守護者」と呼ばれる、淮河の環境保護の第一人者だ。十数年にわたる浄化作業で、霍氏の公益団体は国に貴重な一次資料を提供してきた。

霍氏は、水質はある程度改善したが、人命を脅かすような目に見えない汚染物質は存在すると述べ、「汚染も見えなくなったしにおいもなくなったが、水中の化学物質、重金属などの指標は依然存在する」と語った。

霍氏の事務所にある水槽では、奇形の魚が十数匹飼われている。背骨がらせん状に湾曲したもの、うろこが異常な生え方をしているものなどがひときわ目を引く。

「全て淮河の魚です。汚染によって魚はほとんど姿を消しました。残っている魚の奇形率も非常に高い。代々漁業をやっている人たちも、こんな奇形は見たことがないと言っています」

過去十数年間で、淮河流域には「がん村」が激増した。沈丘県杜営村では、1990年代末頃から、原因不明の症状を訴える村民が増え、大都市の病院で検査をしてもらったところ、がんだったという。

人口2000人あまりの杜営村を、死の影が覆っている。杜衛民(ドゥ・ウェイミン)書記によると、2003年から2010年の間は毎年十数人ががんで死亡し、2006年にはある通りに住む8家族全員ががんにかかっていたこともあるという。

中国疾病予防コントロールセンター、中国科学院地理科学・資源研究所、中国医学科学院基礎医学研究所の研究員が最近出版した『淮河流域水環境と消化器腫瘍死亡写真集』が、がんの発症と水質汚染の直接的関係を証明している。

霍岱珊氏は、「これは、わが国が払った発展の対価についての評価だ。だが、どう解決するのか、長期的な計画となる」と述べた。

汚染物質の進入経路の摂取である。そのため、「清潔な飲料水」の確保が当面の課題だ。今のところ、地下150メートルから300メートルの深層地下水を用いることが最も手近な方法だが、「がん村」では深い井戸を掘ることができない。霍氏は、これが喫緊の課題だと述べた。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

日中関係改善への期待集まる=日本と中国の産官学が「環境協力」で大規模シンポ―東京・衆院会館

12日、「生態文明社会建設を目指した日中協力メカニズムの形成に向けて」と題するシンポジウムが東京千代田区の衆議院第一議員会館で開催された。日中両国の産官学関係者約200人が環境と都市問題における日中協力について議論した。

Record China
2013年6月14日 17時54分
続きを読む

ランキング