韓国人の安倍首相への好感度、金委員長より低い=韓国ネットは意外な反応

配信日時:2019年9月17日(火) 12時30分
韓国人の安倍首相への好感度、金委員長より低い=韓国ネットは意外な反応
画像ID  1125384
13日、韓国・アジア経済は「韓国人、日本より安倍首相に強い反感」と題する記事を掲載した。資料写真。
2019年9月13日、韓国・アジア経済は「韓国人、日本より安倍首相に強い反感」と題する記事を掲載した。

記事が伝えるのは、韓国の牙山(アサン)政策研究院が最近発表した「危機の日韓関係、韓国人の認識と含意報告書」。全国の成人男女1000人を対象に、8月19日から21日にかけてRDD方式による電話調査の結果をまとめたものだ。

それによると、今年8月における韓国人の日本に対する好感度は周辺国の中で最も低い2.30点(10点中)を記録した。特に安倍首相に対する好感度が1.10点と非常に低く、これは北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)委員長(2.40点)、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席(3.01点)より低い数値だった。

これを受け、韓国のネット上には「韓国人は日本が嫌いというより、日本の極右勢力に対して強い反感を持ってる」「安倍首相が長期執権できる理由は、多くの日本人の支持があってこそ。韓国人は日本と安倍首相を別に考えがちだけど、それは錯覚」など調査結果に賛同する声が上がっている。

また、「安倍首相はそれでも自国民優先の政策を展開してるけど、文大統領はどう?自営業者をつぶし企業をつぶし、若者の雇用は最悪。まだ安倍首相の方がマシ」「安倍首相より文大統領の方が好感持てないけど」と意外にも擁護派の意見が多く見られた。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/09/18 01:51)

    ドラッカーは、ファシズムの特徴として、その信条が何かの「否定」しかないこと、その信条のために自分がでっち上げた”敵”との戦いのみが存在理由となっていると言っています。文政権の”積弊残滓の清算”とは正に過去の否定です。そしてそのためにのみ文政権は存在すると文大統領は言っているのですから、これはドラッカーの言うファシズムそのものです。韓国はナチスドイツに比定できるのかもしれません。韓国人は自分たちをユダヤ人になぞらえるのが好きですが、皮肉にも日本人こそユダヤ人の立場にあると思われ、しかも日本に責任があるとする態度も類似しています。ナチスの迫害を受けたユダヤ人たちは、ドイツに反抗するのではなく、自分たちに責任があると考えていたと言います。当時ユダヤ教を捨てキリスト教に改宗するユダヤ人が続出し、そのようなユダヤ人の行動への神の罰と捉えていたというのです。何でも他人のせいにする韓国人とは正反対です。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/09/18 01:28)

    >>「安倍首相が長期執権できる理由は、多くの日本人の支持があってこそ。 それも違うんだけどなあ。民主主義がマトモに機能してるんなら、安倍が長期政権になる事もないんだけどね。 平成以後、選挙の度に投票率が下がる一方だ。投票率が下がれば「組織票」が強くなる。仮に投票率が6割ほどで、その過半数が自民議員を選んだとしても、「全有権者」の1/3程度が「自民党」を選んだというに過ぎない。そして、自民候補が勝利した選挙区では、「明確に自民を選ばなかった有権者」の意思は丸無視される事になる。それが「小選挙区制」のマジックだ。 「小選挙区制度」の仕掛け人は小沢一郎だが、コイツは野党のフリをして自民に利する事ばかりしている。CIAに弱みを握られているという話も聞くから、同じくCIAの資金でデカくなったという自民を考えれば、その関係は推して知るべしだ。 「民主主義」なんか無いんだよ日本には。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/09/17 15:28)

    一番高いのは『北朝鮮での文在・寅の好感度』だろう。文在は韓国が北朝鮮化するよう国内の産業を潰しているのだ。今に食糧も配給制になるだろう。日本製品不買をしなくても、北朝鮮製品しか手に入らなくなる。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事