Record China

ヘッドライン:

中国が東シナ海で新たに7カ所のガス田開発か=中国は「中間線」の前提を否定―中国メディア

配信日時:2013年7月19日(金) 10時10分
拡大
18日、中国の大手石油会社が、東シナ海で7カ所のガス田開発を政府に申請していると報じられた。資料写真。

2013年7月18日、環球網によると、ロイター通信は中国の大手石油会社が、東シナ海で7カ所のガス田開発を政府に申請していると報じた。

7月初め、日本側は中国が日中中間線の中国側で新たなガス田施設の建設を計画していることについて抗議した。7カ所のガス田のうち、2カ所は日中中間線付近に位置している。

菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、「仮に中国が一方的に開発をするのであれば、日本は絶対にこれを認めない」と述べた。

日本の主張する「日中中間線」について、中国外交部は複数回にわたって、「いわゆる中間線というものは日本の一方的な主張であり、中国がこれを受け入れたことはなく、今後も決して受け入れない」と述べており、中間線を前提とした共同開発の話し合いには応じないとしている。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

世界初!日本がメタンハイドレートからの天然ガス採取に成功=埋蔵量は1000年分―中国メディア

13日、中国網は記事「中国エネルギー専門家:日本が“燃える氷”の分離に成功=世界のエネルギー構造転換を推進する可能性も」を掲載した。日本のメタンハイドレートからの天然ガス抽出に中国メディアも注目している。写真は中国石油大学。

Record China
2013年3月14日 13時16分
続きを読む

ランキング