IMF、米中貿易摩擦が2020年の世界GDPを0.8%押し下げると予測―米華字メディア

Record China    2019年9月13日(金) 23時10分

拡大

12日、米華字メディア多維新聞は、米中貿易摩擦により2020年の世界のGDP成長率を0.8%押し下げるとの予測をIMF関係者が示したと報じた。資料写真。

2019年9月12日、米華字メディア多維新聞は、米中貿易摩擦により2020年の世界のGDP成長率を0.8%押し下げるとの予測を国際通貨基金(IMF)関係者が示したと報じた。

記事はロイターの12日付報道を引用。IMFのライス報道官が「貿易の緊迫した情勢が世界経済に影響を及ぼし始めている」とし、製造業においては2007~08年の世界金融危機以来の疲弊が見られると発言したことを伝えた。

そして「世界経済の活動が依然不振であること、貿易や地政学に由来する緊張が不安定さを生んでおり、企業の自信をむしばみ、投資や貿易に影響を及ぼしている」とし、米中貿易摩擦によって20年の世界のGDPは0.8%押し下げられる可能性があると述べたことを紹介している。

記事はまた、IMFがこれまでに米中両国による追加関税で20年の世界のGDPが0.5%押し下げられるとの予測を発表していたと伝えた。

一方で、IMFによる新たな予測について米国のムニューシン財務長官は「まだ見ていないが、米国が重大な影響を受けることはない」との見解を示したことを紹介した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携