IMF、米中貿易摩擦が2020年の世界GDPを0.8%押し下げると予測―米華字メディア

配信日時:2019年9月13日(金) 23時10分
IMF、米中貿易摩擦が20年の世界GDPを0.8%押し下げと予測
画像ID  1125319
12日、米華字メディア多維新聞は、米中貿易摩擦により2020年の世界のGDP成長率を0.8%押し下げるとの予測をIMF関係者が示したと報じた。資料写真。
2019年9月12日、米華字メディア多維新聞は、米中貿易摩擦により2020年の世界のGDP成長率を0.8%押し下げるとの予測を国際通貨基金(IMF)関係者が示したと報じた。

記事はロイターの12日付報道を引用。IMFのライス報道官が「貿易の緊迫した情勢が世界経済に影響を及ぼし始めている」とし、製造業においては2007~08年の世界金融危機以来の疲弊が見られると発言したことを伝えた。

そして「世界経済の活動が依然不振であること、貿易や地政学に由来する緊張が不安定さを生んでおり、企業の自信をむしばみ、投資や貿易に影響を及ぼしている」とし、米中貿易摩擦によって20年の世界のGDPは0.8%押し下げられる可能性があると述べたことを紹介している。

記事はまた、IMFがこれまでに米中両国による追加関税で20年の世界のGDPが0.5%押し下げられるとの予測を発表していたと伝えた。

一方で、IMFによる新たな予測について米国のムニューシン財務長官は「まだ見ていないが、米国が重大な影響を受けることはない」との見解を示したことを紹介した。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事