中国初の国産極地探検客船、南極に向け出港

配信日時:2019年9月12日(木) 18時50分
画像ID 
中国初の国産極地探検客船「格雷格·莫蒂默」号が9日8時、江蘇招商工業海門基地1号埠頭から正式に出港し、アルゼンチン南部の都市ウシュアイアに向かった。準備を整えた後、南極初航海を開始する。新華社が伝えた。

中国初の国産極地探検客船は招商工業集団が建造し、6日に正式に引き渡され、「格雷格·莫蒂默」号と名付けられた。客船は出港後、シンガポール、南ア・喜望峰を経由し、大西洋を横断し「世界の果て」と呼ばれるアルゼンチンのウシュアイアに入る。10月末には南極圏に到達し、約2週間の探検の旅を開始する見通しだ。

薄板溶接変形、安全帰港、複雑な共同作業など百以上の技術の難題を解消した同船は、娯楽、レジャー、美食、海洋探検、水上スポーツなどの機能を一体化させている。定員は254人。乗客はカヌーによる島上陸、雪原横断、極地キャンプなどの探検を体験できる。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<