米原潜搭載のSLBM試験発射に注目する中国メディア、「最も生存能力が高い」と警戒

配信日時:2019年9月14日(土) 5時40分
米原潜搭載のSLBM試験発射に注目の中国、「生存能力高い」と警戒
画像ID  1124966
米国が試験発射した原子力潜水艦搭載型の弾道ミサイル(SLBM)に中国メディアが注目。SLBMは米国の戦略的核抑止力の中で「最も生存能力が高い」として、警戒感をあらわにしている。
米国がカリフォルニア州沖で試験発射した原子力潜水艦搭載型の弾道ミサイル(SLBM)に中国メディアが注目している。SLBMは大陸間弾道ミサイル(ICBM)、核弾頭を搭載可能な戦略爆撃機と並ぶ米国の「三位一体」戦略的核抑止力の中で、「最も生存能力が高い」と指摘。警戒感をあらわにしている。

試験発射を取り上げた中国網は、8日の米ディフェンス・ブログを引用。「米海軍はこのほど南カリフォルニアの近海でSLBMの『トライデント2−D5』の試験を行った。ミサイル4発には核弾頭が搭載されておらず、オハイオ級原子力潜水艦『ネブラスカ』から発射された。前2回の試験発射は4日、後2回は6日に行われた。4回の試験発射はいずれも日の出前に行われた」と伝えた。

トライデント2−D5の試験発射成功は今回で176回目。「司令官評価テスト(CET)」の一環であるテストの主な目標は、アップグレード後のトライデント2−D5の性能の検証および耐用期間の延長とされる。

当初の設計上の耐用期間は2024年までだったが、米海軍はアップグレードにより2040年以降まで延長した。アップグレード後の同ミサイルは米海軍のオハイオ級や英海軍のヴァンガード級原子力潜水艦のほか、将来的に米海軍のコロンビア級、英海軍のドレッドノートの初期戦略兵器になる。

米海軍は今回の試験発射について「世界で行われている何かに向けられたものではない」と説明。同時に「信頼できる効果的な核抑止力は米国や同盟国の安全にとって極めて重要だ。核抑止力は依然として、21世紀の米国の国家安全政策の礎だ」と強調した。

米国の「三位一体」の戦略的核抑止力に関して、中国網は「すべてに独自の機能と長所がある」と分析。特に「SLBMは米国が配備している戦略的核抑止力の約7割を占め、最も生存能力の高い、持久的な存在を提供できる核抑止力とされている」と言及した。

試験発射をめぐり、韓国・中央日報は「中国に対するメッセージとする見方もある」と報道。「米国はロシアと締結した中距離核戦力(INF)廃棄条約を8月2日に脱退し、中長距離ミサイル開発の意志を表明してきた。INF条約に縛られている間に中国が自由に中距離ミサイル戦力を増強しており、これへの対応が至急という理由からだ」と述べた。

同紙は「中国は実際に6月2日に『巨浪−3』と推定される新たなSLBMを渤海湾で試験発射した。巨浪は原潜用として設計されたICBMで、射程距離は1万2000~1万4000キロメートルに達し、米本土と欧州全土が射程圏だ」とも付け加えた。(編集/日向)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事