中国最長・最深の海底電磁探査が完了

配信日時:2019年9月12日(木) 14時10分
画像ID 
中国科学院南海海洋研究所が11日に明らかにしたところによると、同研究所がリード役を務める海底電磁探査実験がこのほど、南中国海北部珠江口盆地大陸棚(洋陸過渡帯)北部海盆で完了した。今回の探査断面側線の長さは300キロを超え、最大投入水深は4000メートルに迫り、中国で現在最も深い二次元海底電磁探査となった。科技日報が伝えた。

実験回首席科学者及びIODP 367回首席科学者の孫珍研究員は取材に対し、「今回の海底電磁探査実験は、南中国海の陸・海転換の岩石圏薄化の特徴、及びマグマ活動のプロセスについての研究を深めるため行われた」と説明した。

実験回執行首席の邱寧副研究員は「断面海底以下の電気的構造を取得するため、大洋掘削メイン断面に30の実験ポイントを相次いで投入した。水深は200−4000メートル。今回の航行は42日続いた。その途中で台風9・10号に見舞われたが、科学調査機関と科学調査隊員全体は困難を乗り越えゴールを目指し、貴重な調査資料を取得した」と述べた。

言及すべきは、今回の航行で採用されたのが、中国で独自開発された海底電磁探査計器であったことだ。実験の成功は、海底電磁探査計器の性能を高める貴重な経験とデータを提供した。

今回の探査は、自然資源部(省)中国地質調査局広州海洋地質調査局、中国石油集団東方地球物理公司、中国地質大学(北京)など複数の機関によって行われた。中国で現在まで調査期間が最長、観測深度が最大、観測断面が最長の海底電磁実験となった。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<