中国の無印良品、宣伝に使った「ある単語」が中国人を怒らせる―中国メディア

配信日時:2019年9月11日(水) 17時30分
中国の無印良品、宣伝に使った「ある単語」が中国人を怒らせる
画像ID  1124650
中国の無印良品が10日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)での投稿に使用した「フランス租界」という言葉が、中国で議論の的となった。写真は上海の街並み。
中国の無印良品が10日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)での投稿に使用した「フランス租界」という言葉が、中国で議論の的となった。11日、中国メディア・人民日報が伝えた。

記事によると、同投稿は無印良品が主催する上海でのマラソンイベントを宣伝したもので、投稿では当日のコースについて、「無印良品の店舗からスタートし、フランス租界のプラタナス並木をジョギングする」などと説明された。

すると、一部のネットユーザーから「“租界”はかつての侵略者がもたらしたもの。いい言葉ではない」「(中国人にとっては)屈辱の歴史だ」などと批判するコメントが寄せられたという。その一方で、「租界だったことは歴史的にみて間違いないじゃないか」「上海人だって、観光客に対してここはかつて租界だったと紹介することはある」「それほど敏感になる必要はない」といった意見も出たという。なお、批判を受けて同投稿はすでに削除されている。

記事は、「今日において、旧租界地区は西洋風の雰囲気を感じられる場所だ」としつつも、「かつてフランス租界が繁栄した背景には、欧米列強の対中進出や貿易を支援した中国人商人による買弁的な行為(自国の利益を損なうような行為)がある」と指摘。「われわれは無印良品に言っておかなくてはならない。現在の中国には、フランス租界といった、国を売るような場所はすでに存在しないということを」と強調した。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Yam***** | (2019/09/13 05:45)

    中国人も、そろそろ「いじけの文化」から卒業したらどうだろうか。それとも韓国人のように「1000年」でもいじけ続けるつもりなのか。私としては、もうやめてほしい。我々日本人の大先生だった唐時代の中国人の子孫であるあなた方が、たかが「租界」という熟語にいちいち感情を動かさられる様を見て非常に残念だ。超大国の条件を揃えていながら、まるで少国民の心構えで染まっている。韓半島の民族のように、事あるごとにいじけまくって、喚いてなんでも人のせいにするのは、とても簡単な事だ。だが、他国の世界史にそういういじけ民族だと記録されてることに気がついたほうが良い。それが正しいことだと思うなら、そうすれば良いが、あなた方の子孫はどう思うだろうか、歴史書を開いて自分たち中国民族を誇りに思うことができるだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事