トライアスロンで優勝したノルウェー選手、かぶっていた帽子が台湾で話題に=「日本で拾った」―中国メディア

Record China    2019年9月11日(水) 16時10分

拡大

フランス・ニースで開催されたトライアスロン大会で優勝したノルウェー人選手がかぶっていた帽子が、台湾で注目を浴びている。

フランス・ニースで開催されたトライアスロン大会で優勝したノルウェー人選手がかぶっていた帽子が、台湾で注目を浴びている。11日、中国メディア・環球時報が伝えた。

今月7~8日にかけて開催された「アイアンマン 70.3」で、グスタフ・アイデン(Gustav Iden)は台湾の彰化県にある「順沢宮」という廟の名前が入った帽子をかぶって1位でゴールした。すると、台湾ではその帽子が「ご利益グッズ」として話題となり、順沢宮に問い合わせが殺到する事態になったという。

アイデンはこれを受けて、自身のインスタグラムに「台湾、本当に愛してる。あるテレビ番組は僕の帽子を30分もかけて特集してくれた(笑)夢みたい」と投稿。また、帽子を手に入れた経緯については「今年、日本に行った時に落ちているのを見つけて拾った。かっこいいと思ったから洗って使い始めた」と明かし、「何て書かれているかずっと謎だったけど、ようやくそれが分かった」と語ったという。(翻訳・編集/岩谷)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携