外貨管理局「QFIIとRQFIIの投資限度額を撤廃」―中国メディア

配信日時:2019年9月12日(木) 0時0分
外貨管理局「QFIIとRQFIIの投資限度額を撤廃」
画像ID  1124617
中国国家外貨管理局は10日、同局は国務院の承認を経て、適格域外機関投資家と人民元適格域外機関投資家の投資限度額を撤廃することを明らかにした。写真は人民元。
中国国家外貨管理局は10日、同局は国務院の承認を経て、適格域外機関投資家(QFII)と人民元適格域外機関投資家(RQFII)の投資限度額を撤廃することを明らかにした。これと同時に、RQFIIの試行国・地域に関する制限も一括して撤廃するという。新華社が伝えた。

ここ数年、同局は関連部門と共同でQFIIとRQFIIに関わる外貨管理規定を3回にわたり相次ぎ改正し、限度額の申請・審査、資金の両替などについて管理制限を緩和し手続きを簡略化してきた。2019年8月末時点で、QFIIの投資総額の限度額は3000億ドルで、合わせて292社のQFIIが1113億7600万ドルの投資枠を獲得している。RQFII制度は香港から20カ国・地域に拡大し、投資総額の限度額は1兆9900億元(約29兆8500億円)、計222社のRQFIIが6933億200万元(約10兆3995億円)の投資枠を獲得している。

同局の説明によると、相応の資格を備えた域外機関投資家は、登録さえ済めば資金を振り込んで規定に合致した証券投資を始めることができる。域外投資家の中国金融市場への参入がより一層円滑になり、中国の債券市場も株式市場もよりよく、幅広く国際市場に受け入れられるようになるという。

同局の王春英(ワン・チュンイン)報道官は、「今回、QFIIの投資限度額を全面的に撤廃すると、国境を越えた証券投資がさらに円滑になり、域外の長期資本がより多く入ってくることになる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事