中国初の国産極地探険客船「1番クルーズ」が正式引き渡し、来月は南極に向け出発―中国メディア

環球網    2019年9月11日(水) 19時20分

拡大

中国初の極地探険向けクルーズ客船「1番クルーズ」が6日、中国江蘇省の海門基地で正式に引き渡された。

クルーズ客船「1番クルーズ」が6日、中国江蘇省の海門基地で正式に引き渡された。これは中国初の極地探険向けクルーズ客船で、今年10月に初となる「南極の旅」を始める予定だ。

「1番クルーズ」は長さ104.4メートル、幅18.4メートル、喫水5.1メートルで、最高速度は16ノット以上に達する。船室は135室あり、254人の乗船が可能だ。船内にはセルフサービスのレストランや図書室、免税ストア、ジムなども備えられている。

「1番クルーズ」に採用された安全帰港技術は、船に二重の動力を提供できる。帰港時の航続距離は1500カイリに達し、安全係数も同級のクルーズ客船の中で最高レベルだ。

「1番クルーズ」は中国国内のこの分野での技術の空白を埋め、材料や機器の海外依存というこれまでの状況を変えた。(提供/環球網・編集/黄テイ)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携