清潔さで日本と肩を並べられる国は存在しない―中国メディア

配信日時:2019年9月12日(木) 11時50分
清潔さで日本と肩を並べられる国は存在しない―中国メディア
画像ID  1124280
中国のニュースサイト・環京津網は10日、「清潔さで日本と肩を並べられる国は世界にない」とする記事を掲載した。資料写真。
中国のニュースサイト・環京津網は10日、「清潔さで日本に肩を並べられる国は世界にない」とする記事を掲載した。

記事はまず、日本について、機能的なトイレ、質素で上品な服装、ごみ一つ落ちていない道路、明るく清潔なコンビニエンスストアなどを挙げ、「日本の“潔癖さ”には敬服するしかない」「日本は世界で最も清潔な国家と言うことができる」などと称賛した。

その上で、「日本の清潔さは人と関係している。国の清潔さは人の清潔さから始まる」と指摘。「日本人は頻繁に入浴し、毎日服を交換する。日本人が着る洋服は、見る人に清潔で整っているという印象を与える。多くは色や形にはこだわらず、快適さを求める。街中で汚れたシャツを着ている人を目にすることは非常に少ない」などと論じた。

続いて、「日本人の素養の高さの背景には、幼い頃から衛生面を重んじる教育を受けてきたことがある」と指摘。サラリーマンが出勤前に地域の清掃活動に参加することを例に挙げ、「これは強制ではなく、自発的に参加しているのだ」と説明した。また、水道の水が直接飲めることや、ごみ分別に細かい決まりがあることにも触れた。

さらに、「日本では自動車の排気ガスによる大気汚染はほとんど起こらない」とし、その理由に公共交通機関の充実を挙げる。「日本の多くの家庭は自家用車を所有しているが、出勤にはバスや地下鉄を利用する人が大半。交通網はクモの巣のように張りめぐらされていて、どこへでも行くことができる。自家用車を運転する機会が減り、排気ガス削減につながっている」と論じた。

そして、「日本の都市の環境面の管理は非常に厳格で、建物の建設や取り壊しにも粉じんや騒音、周辺環境に配慮する必要がある」とし、「日本は小さいが、われわれが学ぶべきところが多い」と結んだ。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/09/12 13:18)

    おっしゃる通り世界中の国を探してもいつでもどこでも安全な水が飲めるのは日本だけである、また日本もかつては自動車の排気ガスや工場の煤煙による大気汚染による光化学スモッグや喘息、工業排水によってもたらされた水質汚染による水俣病やイタイイタイ病等が蔓延した時期もあるが、その後厳しい排気ガス規制等による大気の浄化等できれいな空気清潔な水を取り戻したのである、中国も日本のこういう点はぜひ参考にしていただきたいと思う
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事