古代ローマ期の壁画と一緒に簡体字が刻まれた石が出土?―英国

配信日時:2019年9月10日(火) 19時10分
古代ローマ期の壁画と一緒に簡体字が刻まれた石が出土?―英国
画像ID  1124354
10日、国際在線はイタリア華字メディアの報道を引用し、英国の村で古代ローマ期の壁画と一緒に、漢字の簡体字のようなものが刻まれた石が出土したと伝えた。資料写真。
2019年9月10日、国際在線はイタリア華字メディア・欧聯通訊社の報道を引用し、英国の村で古代ローマ期の壁画と一緒に、漢字の簡体字のようなものが刻まれた石が出土したと伝えた。

記事によると、ウェスト・バークシャーの村で最近、古代ローマのモザイクスタイルの壁画が掘り出された。そこで人々の関心を集めたのが、出土したものの中に簡体字で「吉姆在這里(ジムはここにいる)」と書いたとみられる石が見つかったことだ。

専門家は、このモザイク作品は約1600年前に完成したものと推定しており、そこにはギリシャ神話のペロプスが戦車競走に勝ち、ヒッポダメイアを妻とした物語が描かれているという。これと同類の作品は世界に3点しかなく、この50年間で英国を最も興奮させた発見の一つともされているそうだ。

しかし、人々を困惑させているのが問題の石だ。考古学者の初期の分析によると、恐らく後代の人が意図せずにここに残したもので、同じ年代の地層に埋まっていたものではないとみられるという。(翻訳・編集/山中)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事