元イタリア代表FWヴィエリ氏「俺が韓国人なら恥ずかしい」、韓国人記者「彼はいまだに痛い、混乱した敗者」―中国メディア

配信日時:2019年9月10日(火) 10時20分
「俺が韓国人なら恥ずかしい」元伊代表FWの発言に韓国人記者反発
画像ID  1124214
9日、中国のサッカーメディア「虎撲足球」は、元イタリア代表FWクリスチャン・ヴィエリ氏が2002年日韓W杯の韓国戦を回顧し、「俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろう」と発言したことに対し、韓国人記者が反発したと報じた。資料写真。
2019年9月9日、中国のサッカーメディア「虎撲足球」は、元イタリア代表FWクリスチャン・ヴィエリ氏が2002年日韓ワールドカップ(W杯)韓国戦を回顧し、「俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろう」と発言したことに対し、韓国人記者が「彼はいまだに痛い、混乱した敗者だ」と反発したと報じた。

2002年日韓W杯の決勝トーナメント1回戦、韓国対イタリア戦では、韓国選手のカード相当のラフプレーが複数回見逃され、イタリアのゴールが取り消されるなど、審判による不可解な判定が連続。試合は延長戦の末に韓国が2-1で勝利した。

虎撲足球によると、ヴィエリ氏はこのほど、スペインメディア「マルカ」のインタビューで、韓国戦を振り返り「われわれに対するファウルは何も取られなかった」「こんなことがW杯で起きるなんて思っていなかった」「俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろうね」などと述べた。

これに対し、Goal.comの韓国人記者、Steve Han氏は9日、自身のツイッターを更新し、「19年後(注:正しくは17年後)、ヴィエリ氏はいまだに痛い、混乱した敗者だ。彼は『韓国選手は恥ずかしいと思うべきだ』と語ったそうだが、冗談も大概にしてくれ。その試合では、韓国の方がイタリアよりも多くのファウルを取られていた」などとつづっているという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事