<コラム>今宵は中秋の名月、キビで作った山東銘酒“即墨老酒”で乾杯

配信日時:2019年9月13日(金) 21時40分
<コラム>今宵は中秋の名月、キビで作った山東銘酒で乾杯
画像ID  1124090
即墨(ジーモー)は山東半島の東部、青島市内より北へ60kmにある中堅都市だ。春秋時代には斉の支配下にあった。
即墨(ジーモー)は山東半島の東部、青島市内より北へ60kmにある中堅都市だ。春秋時代には斉の支配下にあった。即墨故城は朱毛城とか康王城と称し、隋開皇16年(西暦596年)に廃城となった(写真1左)。現在の平度市古硯鎮大朱毛村一帯である。墨河の近くにあるとういう意味で、“即墨”と呼ばれた歴史的に極めて古い地名である。故城は内城と外城の二重で構成され、南北5km、東西2.5kmで城壁の幅は40m、高さは5mの土を押し固めた版築式であった。(写真1右)は1000mほど現存する城壁の土手部である。発掘調査によると、内城には、“金銮殿”(金の鈴殿)、“梳妆楼”(化粧楼と言う意味)、“点将台”(大将を指名する台)、“養魚池”等の遺跡が確認されている。1986年には、大型の燕の「明字刀幣」が発見された。

その他の写真

戦国時代の紀元前284年、燕の将軍「楽毅」は5か国連合軍を率いて斉を攻めた。首都「臨淄」をはじめ70余城が陥落し、斉は滅亡寸前まで追い詰められたが「即墨」と「莒」だけが頑強に抵抗した。やがてこの地で抵抗していた名将「田単」の活躍により、斉は国土を回復することに成功する。秦代になると即墨県が設置され南北朝時代に一時廃止となるが、隋代に再び設置され、この1989年に県級市に改編され現在に至る。

“即墨老酒”と言う黄酒がある(写真2)。黍(キビ)や小麦を原料にした醸造酒で、黄酒(紹興酒)の部類に入る。紹興酒が18度前後に対し、即墨老酒は11度と非常に飲みやすい。製造地はもちろん即墨である。この酒は名将「田単」が燕との戦いの前に兵士と飲み、勝利したという縁起物の黄酒である。勝負事がある時或いはお祝いの時に戦国時代に起こった2300年前の故事を思い出し、一献を友と祝うのはどうであろう。今宵9月13日は中秋の名月でもある。

■筆者プロフィール:工藤 和直
1953年、宮崎市生まれ。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事