70年で激変を遂げた中国人の職業、続々増える新興職業―中国メディア

配信日時:2019年9月12日(木) 9時0分
70年で激変を遂げた中国人の職業、続々増える新興職業
画像ID  1124393
中国人力資源・社会保障部(人社部)など関連部門は今年4月、13種類の新職業に関する情報を発表し、「eスポーツ選手」や「ドローン操縦士」などの新職業が正式に承認された。写真はドローン。
「プロリーグの新鋭」に「リーグ・オブ・レジェンド・ワールド・シャンピオンシップ参加者」といったように、「00後(2000年代以降生まれ)」の喻文波さんは、数々の栄誉に輝いた経歴を持つが、彼にとって最もエキサイティングな出来事といえば、今年、「eスポーツ選手」という、正式な職業上の身分を獲得したことだ。新華社が伝えた。

中国人力資源・社会保障部(人社部)など関連部門は今年4月、13種類の新職業に関する情報を発表し、「eスポーツ選手」や「ドローン操縦士」などの新職業が正式に承認された。このような新興職業が続々と増え始めるのと同時に、一部の伝統的な職業は「過去の遺物」として消えてなくなる運命にある。

40年近く転轍手として働いてきた安貴涛さんは、「私の仕事は列車が問題なく駅に入れるよう、指示にもとづいてレールのポイントを切り替える仕事だったが、電動ポイントがだんだんと増えてきたため、すでに別の部門に移っている。人の手によるポイント切り替えの仕事はあと数年もすれば無くなってしまうだろう」と感慨深げに話した。

人社部職業技能鑑定センター標準処の葛恒双・処長は、「この70年間で科学技術レベルと社会の生産力が高まりつづけ、社会における分業・需要構造に変化が発生し、それに伴い職業そのものも変わってきた」と指摘する。

新中国成立当初、中国には職業分類の基準が存在しなかった。中国人の職業は、「工業・農業・商業・学生・兵士」あるいは「360業種」のいずれかにほぼ当てはまっていた。1999年、「中華人民共和国職業分類大典」が初めて発表され、1496種類の職業が認定され、中国人は、「職業」という概念を初めて知るようになった。

現代サービス業や製造業の発展に伴い、いくつかの職業が消滅する一方で、いくつかの職業が新たに誕生し、職業区分はより細分化されるようになった。2015年に発表された改訂版の大典では、職業は1481種類にまで減少した。そのうち生産・製造に関連する職業は526種類減ったが、社会生産サービス・生活サービスに関する職業は81種類増えた。

第45回技能五輪国際大会ベーカリー部門に出場した張子陽さんは、「これまでは、小麦粉を原料として作った食品は全て『小麦料理部門』というカテゴリーに入っていたが、いまでは、『中国料理調理師』、『西洋パン職人』、そして私が出場した『ベーカリー部門』に分かれている」と話した。

70年間、社会は絶え間なく進歩を続け、科学技術は飛躍的発展を遂げた。職業にも消えるものと生まれるものがあり、今ある職業も、明日にはAIに取って代わられるかもしれない。だが、一つだけ確かなことは、われわれは今後、単純な肉体労働から抜け出し、知恵を用いてより多くの富を創造し、生活をより満足のいくものにしていくに違いないということだ。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/09/12 10:01)

    中国ではGDPが上がり続け、それに伴って物価や不動産価格も高騰している。これでは旧来と変わらぬ職業では暮らしていけない。それでもまだ転職できるものはいいが、救いがないのは年金生活者だろう。 〈補足〉 これと比べれば日本の失われた20年の方が、物価が安定しているだけマシである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事