Record China

ヘッドライン:

香港の街を彩る広告と第2の九龍皇帝の出現!?

配信日時:2019年9月11日(水) 8時0分
拡大
香港の街で見かけるさまざまな広告をご紹介してみたい。香港在住者の生活には欠かせないミニバスも車体に広告掲載をしている。
(1/7枚)

香港の街で見かけるさまざまな広告をご紹介してみたい。前回は2階建てトラムをご紹介したが、トラムだけではなく香港在住者の生活には欠かせないミニバスも車体に広告掲載をしている。在住者でないとなかなか乗りこなせないミニバスは、どちらかと言えばローカルよりの広告が掲載されているので、見ていて役立つことが多い。

そして空き店舗などに貼られたおびただしい数の広告は、香港の風物詩とも言える光景の一つではないだろうか。広告(チラシ)には空き店舗のレンタル先などが書かれているが、どう考えてもこれだけ貼ってあると読む人はいないと思える。それでも貼っていくのが香港ならではの光景。最近では香港をテーマにしたカフェなどで、こういった面白い光景を取り入れたた内装を施している店ももあるのだとか。

無料で行う広告宣伝と言えば、先日ご紹介をした九龍皇帝の次の座につくのではないかと筆者が注目をしている人物がいる。「通渠」という排水溝・パイプなどの詰まりを直してくれる修理業者の広告である。

香港の街のビルの隙間を見れば必ずと言ってもよいほどあるこちらの手書きの広告。初めてみた時は、広告というよりただの落書きだと思った。これらの落書きとも思える広告は、ある時はビルとビルの間、ある時は縁石の脇などさまざまな場所に勝手に書かれている。これは「通渠」の仕事をしている人が、少しでも仕事が入るようにと香港の街のあらゆるところに書きだしたものが広まったものなのだそう。今では香港中の至るところで見ることができるようになっている。

その独特な文字や強烈な印象から、今では香港の街にあって当たり前のように思えてくる広告(落書き?)の一つ。しかしこの「通渠」が、最近クローズアップされてきている。

2019年3月に行われたHKWALLS FESTIVALの一環で、「通渠」が手書きをしたようなラッピングのトラムが街を走った。ストリートアートの一つという見かたをされたのであろうか。その「通渠」トラム、今ではある有名な香港のミニチュアを扱う会社から、模型として発売までされている。また、センスの良い香港雑貨を扱うG.O.D.でも「通渠」が描いたようなモチーフのグッズが売られていた。

香港の道端から出てきた落書きとも言えるような「通渠」広告だが、時がたつにつれ第2の九龍皇帝のようになってゆくのだろうか。香港の街にはまだまだ面白い広告が多い。ぜひ、街を歩きながら色々と見ていただきたい。(提供/フライメディア)

その他の写真

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「香港の街を彩る広告と第2の九龍皇帝の出現」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

今は貴重!九龍皇帝の残したアートが見られる場所

九龍皇帝(King of Kowloon)の存在はご存知だろうか?昔皇帝から香港九龍の土地を譲り受けたと主張をしていた彼は、「九龍こそは自分の土地である」という自らの主張を、道や電柱、建物の壁やポストなど至るところに書いていった人物だ。

フライメディア
2019年8月27日 23時50分
続きを読む

初めて見た人はビックリ!香港の工事現場

香港の街を歩いていると、工事現場の多くの場所で竹の足場が使われていることに気づく。初めて香港を訪れる人などは、この光景に非常に驚くらしい。高層ビルが多い香港では、この竹を組み合わせただけの工事の足場は、とても心もとないものに見えるのではないだろうか。

フライメディア
2019年8月14日 17時20分
続きを読む

アートが花開く季節、香港アートマンス

近年、3月の香港と言えばあちらこちらでアートの話題が持ち上がる。香港政府観光局は3月を【香港アートマンス】としており、3月は世界規模のアートに関係するイベントが香港で開かれる。

フライメディア
2019年3月25日 13時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング