Record China

ヘッドライン:

J-20ステルス戦闘機、大量生産体制が整った可能性―香港メディア

配信日時:2019年9月8日(日) 11時40分
拡大
香港の英字紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストは2019年9月4日付で、中国空軍が運用するJ-20(殲20)ステルス戦闘機が大量生産の体制に入ったとする見方を紹介する記事を発表した。中国メディアの新浪網は7日、同記事を引用した記事を掲載した。

記事は、中国人民解放軍空軍が3日、7機のJ-20が同時に飛行する動画を公開したことに注目。また、中国人民解放軍の創設記念日である8月1日には、5機のJ-20が編隊飛行する動画を公開したという。記事は、これらの動画は、中国空軍がすでに大量のJ-20を実戦配備したことを示すものとの見方を紹介した。

記事はJ-20のライバルとして、米国で開発されたF-22とF-35を紹介し、特にF-35を重視した。米国が日本や韓国など友好国にF-35を売却しているためで、米太平洋空軍のチャールズ・ブラウン司令官によると、2025年までには太平洋地域にF-35が計200機配備されることになる。ブラウン司令官も、急速に軍事力を増強している中国は米国にとって「現実の脅威」になっており、F-35はその対策と述べたという。

記事は、J-20について「エンジンの問題」を指摘。J-20に搭載するWS-15(渦扇15)エンジンの開発が遅れており、WS-15を搭載したJ-20が中国空軍に引き渡されるのは2020年末になるとの見方を示した。

WS-15が使えない場合、J-20は中国製のWS-10エンジンまたはロシア製のAL-31FM2/3を使うことになるが、その場合には操縦性能や超音速飛行時のステルス性などが劣ることになるという。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

緊張高まる印パ=インドが戦術ミサイル数千発など購入、中国メディア「わが方も標的」

中国メディアの新浪網は17日、パキスタンとの緊張を高めているインドが、戦術ミサイル数千発やアパッチ攻撃ヘリを購入と紹介する記事を掲載。中国にも対抗するものとの見方を示した。写真はインド軍基地に輸送されたアパッチ攻撃ヘリ。

Record China
2019年8月18日 13時20分
続きを読む

中国メディアが自国の艦上戦闘機・開発「失敗史」を紹介―離着艦性能、燃料消費、エンジンなどで問題続出

中国メディアの新浪網は、中国が艦上戦闘機の開発で失敗を繰り返した事例を紹介する記事を発表した。写真は中国のJ-8II戦闘機。艦上戦闘機への改造が試みられたが、試作機は「こんな戦闘機は存在しない」と酷評するしかなかったという。

Record China
2019年7月1日 7時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング