日本で発見の新恐竜に命名、その名前に中国ネットが反応

配信日時:2019年9月8日(日) 18時0分
日本で発見の新恐竜に命名、その名前に中国ネットが反応
画像ID  1123604
6日、中国の動画メディア、梨視頻のウェイボーアカウントは、日本で発見された新種の恐竜に「カムイサウルス・ジャポニクス」という学名が付けられたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2019年9月6日、中国の動画メディア、梨視頻の微博(ウェイボー)アカウントは、日本で発見された新種の恐竜に「カムイサウルス・ジャポニクス」という学名が付けられたと伝えた。

記事は、16年前に北海道むかわ町で発見された恐竜の化石が、新種だと認定されたと紹介。これに伴い、「カムイサウルス・ジャポニクス」と命名されたが、その意味は「日本の恐竜の神」だと伝えた。

この「カムイサウルス」は、約7200万年前の白亜紀後期に生息していたとみられ、その生活や習性などについてさらなる研究が進められるという。

これに対し、中国のネットユーザーから「さすがは日本。どんな名前を付けても中二病」「なんでも神になってしまうところが笑える」「この名前はなんだかアニメを見ているかのようだ」「とっても日本的な名前だと思う」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/山中)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/09/08 23:44)

    ノビタサウルス(のび太の恐竜)と名付けていれば中二病とは言われまい。ドラえもんは『小学4年生』に連載だからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/09/08 21:42)

    和名は地名から「むかわ竜」でしたっけ。 神の名を冠した恐竜っぽいのだとゴジラもそうですね。GOD-ZILLA 日本の名をつけたモノなら、 ニッポニア・ニッポン‥‥トキ(鳥) ニッポンバラタナゴ‥‥コイ科の魚 ニホニウム‥‥原子番号113の元素 あと何があったかな?
    このコメントは非表示に設定されています。
    8 0
  • 仙田 ***** | (2019/09/08 18:20)

    余談ですが北海道の札幌旭川間に「カムイ」という特急列車が一時間に1往復の頻度で走っています、昔は急行でしたが車両を一新して特急に格上げされています
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事