日通がアモイ経由の「海」+「鉄道」欧州向け輸送サービス開始…日数を大幅短縮、その他

配信日時:2019年9月7日(土) 13時20分
日通がアモイ経由「海」+「鉄道」欧州向け輸送サービス開始、その他
画像ID  1123508
日本通運は海上と鉄道を組合わせたアモイ経由の複合輸送サービスを始めた。従来ルートと比べて日数も費用も大幅に引き下げられた。写真は中国と欧州を結ぶ定期運行貨物列車。
日通がアモイ経由で新輸送サービス、日数を大幅短縮 / 大鵬薬品の結腸・直腸がん治療薬が中国で承認取得 / 一風堂の香港10号店がオープン / ザインエレクトロニクスが香港企業と提携、日本市場視野

●日通がアモイ経由の「海」+「鉄道」欧州向け輸送サービス開始…日数を大幅短縮
日本通運は1日、中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送を利用した日本発欧州向けの複合一貫輸送サービスに、中国・厦門(アモイ)経由のSEA & RAIL複合輸送サービス「NEX OCEAN-SOLUTION CHINA LAND BRIDGE」を追加した。2019年9月6日付で発表した。

日本の主要港(東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、門司)からアモイ(福建省)までの海上輸送と、アモイからマワシェビチェ(ポーランド)、ハンブルグ(ドイツ)とデュイスブルグ(同)までの鉄道輸送を組み合わせた。

日本の主要港から欧州の各鉄道ターミナルまでのリードタイム(輸送時間)は23~25日で、全行程を海上輸送にした場合の40日程度と比べて大幅に短縮された。すでに行っている日本発大連(遼寧省)経由のSEA & RAIL複合輸送サービスに比べてもリードタイムは約1週間短縮され、輸送コストは約40%削減される。アモイ発の列車は水曜、土曜発で定期運行されており、海上輸送との接続にも柔軟に対応できる。

●大鵬薬品の結腸・直腸がん治療薬「TAS-102」が中国で承認取得
大鵬薬品工業は6日、抗悪性腫瘍剤「TAS-102」(日本での製品名はロンサーフ)について、条件に合致した場合の転移性結腸・直腸がんの治療薬としての承認を中国国家薬品監督管理局(NMPA)より得たと発表した。

同承認は、アジア(中国、韓国、タイ)での進行・再発の結腸・直腸がん患者を対象とした臨床第III相試験結果に基づき、切除不能進行・再発の結腸・直腸がん患者において、主要評価項目である全生存期間を有意に延長する結果が得られたという。

●一風堂の香港10号店がランタオ島でオープン
力の源ホールディングスは6日、同社が展開するラーメン店の一風堂の香港10号店であるランタオ島「IPPUDO HK Citygate」店が5日にグランドオープンしたと発表した。

8月に開業した、香港最大級のアウトレットショッピングモールであるCitygate Outletsの新館6階に出店した。一風堂は2011年に香港に進出して以来、香港島や九龍島での出店を続けてきたが、ランタオ島への出店は初めて。香港でも店により提供メニューを変え、店舗ごとの個性を持たせている。

●ザインエレクトロニクスが香港企業との業務提携、日本市場視野
ザインエレクトロニクス(THine)は6日、Links Field Networks(本社・香港、中国語社名は領科網絡)との業務提携に関する基本合意書を締結したと発表した。

Thineは高速インターフェースや画像処理分野のLSI事業とAI、IoT分野のAIOT事業の2事業を柱としている。Links Field NetworksはIoTソリューションとSoftSIMソリューションの世界的なリーディングプロバイダーで、通信事業者と密接に提携し、統合されたグローバルネットワーキングサービスやOne Stop SIMソリューションを提供している。

ThineグループはAIOT事業として、IoT/M2M機器、モバイル通信機器の開発製造販売事業を展開している。ThineグループがIoTデバイスとして日本市場に提供している通信モジュールおよびIoT製品にLinks Field NetworksのSoftSIM技術を移植することと、SoftSIMサービスの日本市場への展開について連携する。両社は日本市場への対応で、相互に保有技術を提供し補完することが可能になった。(翻訳・編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事