淡水魚を生で食べ続けた男性、肝臓が寄生虫だらけに=「わさびで殺せると思ってた」―中国

配信日時:2019年9月7日(土) 0時0分
淡水魚を生で食べ続けた男性、肝臓が寄生虫だらけに=「わさびで殺せると」
画像ID  1123419
中国福建省福州市で、淡水魚を生で食べ続けた男性の肝臓が寄生虫だらけになる騒動があった。資料写真。
中国福建省福州市で、淡水魚を生で食べ続けた男性の肝臓が寄生虫だらけになる騒動があった。中国メディアの中国新聞網が6日付で伝えた。

今年8月、同市に住む林(リン)さんに発熱とせき、痰などの症状が表れた。体温は39度まで上昇。市販の解熱剤を服用していたものの高熱が10日間下がらなかったため、近くの医療機関を受診した。診断の結果、林さんは「肝ジストマ」と診断された。

「肝ジストマ」は肝吸虫と呼ばれる寄生虫によって発症する病気。肝吸虫は通常、肝臓や胆管に寄生し、ヒトの体内で20~30年ほど生存する。肝硬変や肝臓がんの原因になることもある。幼虫は中国でよく食されるソウギョやコイにも潜んでいることが多く、記事によると、中国で現在最も深刻な寄生虫病の一種だという。

診察した医師によると、林さんが日常的に淡水の魚やエビなどを生食していたことが原因とみられる。寄生虫を気にしなかったのかという質問に、林さんは「わさびを付ければ寄生虫は死ぬと思っていた」と答えた。3年以上もこうした食習慣を続けていたという。

医師は生食を避けるよう勧め、どうしても食べたい場合は正規の流通ルートを介したものにするよう呼び掛けている。(翻訳・編集/北田

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • DRO***** | (2019/09/07 18:49)

    机と飛行機以外は、食べるそうだが。 日本の海魚の刺身でも、アニキサス有るよ。 ブリ、サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2019/09/07 13:57)

    中国人って日本の生野菜は避けたりする癖に生魚は平気で食べたりする。食文化は長い歴史の中で色々な調理方法が開発されて安全に食べる工夫がされているのに、、
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/09/07 12:52)

    素人考えで淡水魚を生食するのは危険である、寄生虫の他にも例えば鰻など生では有毒で生食すると死亡する恐れがあるし、また海水魚でも人体に入ると危険な毒や寄生虫を持つもの等いくらでもいる、またこれから秋に入るとキノコ狩りのシーズンであるが毎年毒キノコを食べて亡くなる人が後を絶たない、素人考えで野生の動植物を食用にするのは止めるべきだろう、中国はともかく日本なら安全な食品がリーズナブルな価格でいくらでも手に入るのだから
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事