コン・リー、オダギリジョー共演「サタデー・フィクション」ベネチア映画祭で上映

配信日時:2019年9月6日(金) 17時30分
コン・リー、オダギリジョー共演「サタデー・フィクション」ベネチア映画祭で上映
画像ID  1123417
中国の婁◇監督(◇は火へんに華、ロウ・イエ)が手掛けた、鞏俐(コン・リー)、趙又廷(マーク・チャオ)、オダギリジョー、トム・ヴラシアらが出演する映画「サタデー・フィクション(蘭心大劇場)」が4日夜、ベネチア国際映画祭で公式上映された。
中国の婁◇監督(◇は火へんに華、ロウ・イエ)が手掛けた、鞏俐(コン・リー)、趙又廷(マーク・チャオ)、オダギリジョー、トム・ヴラシアらが出演する映画「サタデー・フィクション(蘭心大劇場)」が4日夜、ベネチア国際映画祭で公式上映された。21のコンペティション部門出品作品の一つとして、同映画祭の最高賞である「金獅子賞」受賞を目指す。新華社が伝えた。

「サタデー・フィクションは、抗日戦争中の1941年の上海が舞台となっている。物語は、同年12月7日に日本軍がハワイの真珠湾を奇襲する1週間前から始まる。当時の上海租界区は、表面的には落ち着いているように見えたが、実際には、各国のスパイが暗躍する場所だった。

コン・リーが演じる女性映画スター于堇は、この時、上海に戻り演劇の舞台に立っていたが、彼女の真の身分は、同盟軍のスパイであり、光と影の対立がここから始まる。映画は、全編通じてモノクロ画面が続き、演劇のストーリーと現実とが交錯していく。ロウ・イエ監督得意のハンディカメラによる撮影スタイルにより、混乱という大きな流れに巻き込まれた時代背景のもとで、登場人物一人一人の奮闘と人生の選択が描き出されている。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事