Record China

ヘッドライン:

アップルやサムスンのケータイ、バッテリーの爆発事故が多発―中国メディア

配信日時:2013年7月14日(日) 8時30分
拡大
12日、重慶市在住の男性が使用していたiPhone4がこのほど、早朝に爆発・発火を起こし、多くのアップルファンの注目を集めた。
(1/2枚)

2013年7月12日、重慶市在住の王凱(ワン・カイ)さんが使用していたiPhone4がこのほど、早朝に爆発・発火を起こし、多くのアップルファンの注目を集めた。iPhoneの爆発は単発的な事件ではなく、近ごろ携帯電話の爆発に関するニュースが相次いで報じられており、携帯電話の安全な使用に関心が集まっている。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

■iPhone、充電中ではないのに爆発

王さんは9日夜、携帯電話を枕元に置いて就寝した。それから約2時間後、王さんの寝室から「ボン」という音が聞こえ、iPhone4が爆発。すぐに枕元のゴザ、枕、シーツに引火し、寝室内が煙に包まれた。そのとき王さんはまだ熟睡中だった。

王さんのiPhoneは充電中でなかったにもかかわらず、爆発を起こした。これについて業界内の専門家は、「これは特別なケースだが、確かに発生しており、爆発の原因の多くはバッテリーだ」と指摘する。既存の基準によると、携帯電話のバッテリーは充電回数300回程度が寿命だ。つまり消費者の携帯電話のバッテリーは、1−2年で交換した方が良いことになる。

情報によると、携帯電話のバッテリーが正しく生産されたものであれば、爆発が生じる可能性は低い。しかし製造メーカーがコストを削減するため、バッテリー保護装置の生産で手を抜いたり、材料を減らしていた場合、爆発のリスクが生じる。通常の場合、爆発の原因はバッテリーそのものであることが多く、バッテリーを故意に爆発させようとし、火であぶるなどの極端なことをしない限り、一般的な使用が爆発の原因になることはない。

■携帯の爆発事故が多発

爆発したのはiPhoneばかりではない。海外メディアは先日、スイス人女性のサムスン製GALAXY S3が爆発したスリリングな一幕を伝えた。彼女の携帯電話はポケットの中で爆発したという。

このような不可思議な出来事に対して、多くの人は懐疑的な態度をとっている。専門家はこれについて、「このようなことは起こりうる。例えば安価なバッテリーを代用した場合、このようなリスクが生まれる」と指摘した。

サムスンは最近「厄介事」が絶えない。泉州市のユーザーは5月22日、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で「サムスン製のGalaxy Note2の充電中に突然爆発した」と投稿した。その写真を見る限り、携帯電話の爆発の威力は驚異的で、枕元やシーツなどが焦げ付いていた。

その他のスマートフォンにも問題が存在する。某メディアの5月23日の報道によると、アモイの女性のHTC製の携帯電話(ホワイト)が爆発した。

■バッテリーの高い不合格率

携帯電話の爆発事件が多発しているが、これはバッテリーの品質と密接に関連している。浙江工商局のウェブサイトは今年の世界消費者権利デーの期間中、36機種の携帯電話のサンプリング検査の結果を発表した。そのうち合格は9ロット、不合格は27ロットとなり、不合格率が75%に達した。その中には、17の有名携帯ブランドが含まれた。

バッテリー熱衝撃試験で不合格となったブランドには、サムスン、フィリップス、HTC、天語、徳賽、夏新、E派などの有名ブランドが含まれた。情報によると、バッテリー熱衝撃試験が不合格だった場合、爆発・発火もしくは液漏れの現象を起こす可能性がある。

リチウムイオンの寿命は短く、一般的には2−3年しかもたない(使用の頻度にかかわらず)。そのためすべてのリチウムイオンバッテリーは約36カ月に1回交換するべきだ。また、バッテリーの物理的損傷にも注意が必要だ。バッテリーを単独で保管する場合は絶縁処理を行い、バッテリーの金属部分をすべての金属から離し、専用のケースに保管すると良いだろう。

気温が高すぎたり低すぎたりしても、リチウムバッテリーに永久的な損傷をもたらすため、そのような環境での使用を避けるべきだ。また、バッテリーを雨や水で濡らした場合、ショートが生じるため注意が必要だ。

業界関係者は、「多くのデジタル製品の内部充電回路は、リチウムバッテリーの過度な充電を避ける保護措置を講じているが、念のためリチウムバッテリーの長時間の充電は避けるべきだ」と注意を喚起した。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/TF)

関連記事

サムスンのパクリ病はもはや中毒、特許侵害で訴えられるのは日常茶飯事―中国メディア

20日、サムスン電子のギャラクシーシリーズがアップルのiPhoneやiPadをそのまま模倣したとして提訴されたことに絡み、中国メディアは「サムスンのパクリ病はもはや中毒性」と指摘した。写真は3月、「両会」の取材にタブレットを駆使する中国の記者たち。

Record China
2011年6月21日 5時58分
続きを読む

恋人を連れ戻したい男が空港にうその通報、爆発物と聞き飛行機は緊急着陸―安徽省合肥市

21日、中国・安徽省合肥市に住む男は、仲たがいした恋人を連れ戻そうと、恋人が爆発物を携帯していると空港にうその通報をした。通報を受けた航空機は緊急着陸。結局爆発物は発見されず、男はその後逮捕された。写真は安徽省の合肥駱崗国際空港。

Record China
2013年2月21日 17時34分
続きを読む

「安かろう、悪かろう」のコピー携帯、生産コストはわずか1台5000円=人体に有害との指摘も―中国

28日、廉価であるかわりに関連認証を取得していないなど品質の粗悪なコピー携帯電話が、中国市場で恒久的に一定のシェアを獲得している現状について、専門家らが「人体に有害」として使用を控えるよう注意を呼びかけている。写真はiPhone4の広告。

Record China
2012年5月29日 11時10分
続きを読む

ランキング