Record China

ヘッドライン:

「強過ぎ!」日本の華麗な2ゴールを中国メディア絶賛=ネットも同調「恐れ入るとしか…」

配信日時:2019年9月6日(金) 11時20分
拡大
5日に鹿島スタジアム(茨城)で行われたキリンチャレンジカップ2019で、日本が南米の強豪パラグアイに2-0で勝利したことを中国メディアが絶賛している。

5日に鹿島スタジアム(茨城)で行われたキリンチャレンジカップ2019で、日本が南米の強豪パラグアイに2-0で勝利したことを中国メディアが絶賛している。

序盤からペースを握った日本は23分、中島翔哉と堂安律のダイレクトパスから中央を破り左サイドへ展開、長友佑都のクロスに大迫勇也が左足で合わせて先制する。さらに30分には、中央の中島が右サイドの酒井宏樹に展開し、折り返しを南野拓実が押し込んで追加点を挙げた。後半からは注目の18歳久保建英が出場。直接FKやクロスバー直撃のシュートで見せ場を作ったが、代表最年少ゴールはならず。守備陣は最後まで危なげなく守り切り、完封勝利を飾った。

この試合について、中国のサッカーメディア・捜達足球は「強過ぎる!日本代表の2度の世界レベルのコンビネーションにサポーターうっとり」と題する記事を掲載。日本の2ゴールを詳細に紹介した上で、「2018年のロシアワールドカップ(W杯)後、日本の対南米チームの戦績は2勝3分2敗。若手主体で臨んだ今年のコパ・アメリカ(南米選手権)も2分1敗。このチームの華麗な技術は、アジアのレベルにおいては確かに強過ぎる、強過ぎる!」と絶賛した。

中国のネットユーザーからは、「恐れ入るとしか言えない」「2ゴールとも(選手の)視野の広さがすごい」「このパス交換、ウイイレ(サッカーゲーム)みたいだ」「日本がW杯で優勝する可能性はある」「W杯優勝とまでは言わずとも、世界トップ10に入る可能性は高い」「日本がアジアで頭一つ抜けているというのは認めざるを得ない」「戦略や戦術といった面で日本は一流。あとは身体能力の問題だけ」といったコメントのほか、最近では恒例になった切なさを表す「レモンの絵文字」も並んでいる。(翻訳・編集/北田

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング