韓国、トランプ大統領からの圧力受けWTO途上国地位を放棄へ―中国メディア

Record China    2019年9月6日(金) 14時30分

拡大

5日、中国メディア・看看新聞は「トランプ政権からの圧力を鑑み、韓国は世界貿易機関における開発途上国の地位を放棄する方針だ」と報じた。

中国メディア・看看新聞は5日、「トランプ政権からの圧力を鑑み、韓国は世界貿易機関(WTO)における開発途上国の地位を放棄する方針だ」と報じた。

WTOで韓国は途上国として関税や補助金の面で特別扱いを受けてきた。しかし、トランプ米大統領は7月、自身のTwitter(ツイッター)で、「自らを発展途上国と称して特別扱いを受けている一部の裕福な国々によってWTOは破壊されている」と発言。米通商代表部(USTR)に対し、10月23日までに対処するよう求めたことを明らかにした。

記事によると、韓国の産業通商資源部高官は4日、記者会見で「開発途上国の地位放棄に方針を決めて推進しており、関係部署と協議中」と発表。「韓国が途上国の地位を失っても、目下自由貿易協定を結んでいるパートナーとの関係に影響は出ない」と指摘した。また、ある官僚は「途上国の地位を放棄しても、WTOにおける韓国の権益はこれまでと変わらない」と述べているという。(翻訳・編集/岩谷)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携