Record China

ヘッドライン:

「黒猫警長」などを生んだ中国アニメの巨匠・戴鉄郎氏が死去

配信日時:2019年9月5日(木) 16時10分
拡大
アニメーション映画「黒猫警長(Blackcat Officer)」の監督、脚本を務めた戴鉄郎氏が9月4日午後7時25分、死去した。享年89歳。
(1/6枚)

中国のアニメ制作会社である上海美術電影制片廠の微博(ウェイボー)公式アカウントによると、著名なアニメーションクリエイター、一級監督、国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)の会員、中国美術家協会の会員、中国アニメ学会の理事、中国映画家協会の会員、国務院の特別手当受給者で、アニメーション映画「黒猫警長(Blackcat Officer)」の監督、脚本を務めた戴鉄郎氏が9月4日午後7時25分、死去した。享年89歳。中国新聞網が報じた。

その他の写真

戴氏は、1930年にシンガポールで生まれ、1940年に本籍のある広東省恵陽市に戻る。1953年、北京電影学院を卒業した後、上海電影制片廠のアニメーショングループ、上海美術電影制片廠のアニメーションデザイン、美術設計などを担当した。

「黒猫警長」は、中国で最も早い時期に製作されたアニメーションシリーズ作品で、中国のアニメ史に大きな影響を与えた。正義のために勇敢に戦う「黒猫警長」や臆病でずるがしこい「一只耳」などの個性豊かなキャラクターが多くの人に愛され、子供達の間で「アイドル」的存在となってきた。そして、今でも、多く人の思い出として語り継がれている。(編集KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング