Record China

ヘッドライン:

米国がTHAADの迎撃試験、韓国が慌てて「火消し」―中国メディア

配信日時:2019年9月6日(金) 8時20分
拡大
4日、環球網は、米国が2年ぶりにTHAADミサイルの試験を行ったことに対し、韓国メディアが「火消し」に躍起になっていると報じた。写真はマーシャル諸島。

2019年9月4日、環球網は、米国が2年ぶりにTHAAD(高高度防衛)ミサイルの試験を行ったことに対し、韓国メディアが「火消し」に躍起になっていると報じた。

米国が8月30日に2年ぶりとなるTHAADミサイルの迎撃試験を行ったと紹介。この情報は広く注目され、一部のアナリストからは米国が中距離核戦力全廃条約(INF)脱退後、アジアに中距離ミサイルを配備して中国やロシアをけん制する狙いがあるとの見方が出たとする一方、多くの韓国メディアが「THAADは中韓間ではセンシティブなテーマだ。米国が韓国にTHAADを配備したのは中国をけん制するためではなく、北朝鮮によるミサイルの脅威から韓国を守るためだ」と続々と「火消し」をしたと伝えている。

そして、韓国・朝鮮日報が韓国軍関係者の話として、今回の米軍のTHAAD試験は韓国の星州郡に配備したTHAADシステムの迎撃能力を北朝鮮に間接的に見せ、過度な挑発をしないよう警告するためだと伝えたことを紹介した。

また、別の韓国軍関係者が「北朝鮮は近ごろの非核化交渉で成果が得られなかった責任は米国にあると考えている。米国は北朝鮮がさらなる軍事挑発をするだろうとみており、相手に先んじるべくTHAAD試験を実施した」と語ったことも伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

韓国・文在寅大統領また米中の狭間に=インド太平洋戦略に「協調」、中国・習近平国家主席からはTHAADでクギ

韓国の文在寅大統領がまた米中の狭間に入り込みつつある。6月末の米韓首脳会談後、日米が唱える「インド太平洋戦略」に「協調する」と表明。同時期の中韓首脳会談で中国の習近平国家主席からはTHAAD問題でクギを刺された。

Record China
2019年7月7日 11時50分
続きを読む

ランキング