Record China

ヘッドライン:

東京五輪の「旭日旗」持ち込み問題、中国の反応は?

配信日時:2019年9月5日(木) 11時20分
拡大
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が旭日旗の使用を禁止しない方針を示したことが、中国でも伝えられた。

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が旭日旗の使用を禁止しない方針を示したことが、中国でも伝えられた。

同委員会は3日、韓国国会で東京五輪会場への旭日旗の持ち込みを禁止するよう求める決議が採択されたことについて、「旭日旗は日本で広く使用されているため制止する必要がない」との方針を示した。

中国メディアの中国新聞網は4日にこの問題に関する記事を相次ぎ掲載。旭日旗について「第2次大戦前に日本の陸海軍の軍旗として使用され、現在は陸上自衛隊や海上自衛隊で使用されている。韓国などでは“侵略の象徴”とされている」と紹介したほか、韓国外交部のキム・インチョル報道官が「旭日旗はかつての軍国主義、帝国主義の象徴。日本は謙虚な態度で歴史を正視する必要がある。関係部門と連携して、五輪で旭日旗が使用されないよう努める」などと表明したことを客観的に伝えた。

また、韓国外交部の関係者が、「スポーツイベントを政治情報を伝える手段にするのは、五輪の理念や規定に合致しない。各種の会議で異議を唱えているところだ」との考えを示したことにも言及したが、基本的に日韓のメディアの報道を基に客観的な内容だけを伝えている。

一方、中国のネットユーザーらはこの問題について韓国寄りの姿勢を示しており、「これは韓国を支持する」「国旗が別にあるのになぜわざわざ旭日旗を?」「旭日旗は軍旗、日章旗は国旗。軍旗を五輪会場に持ち込むべきではない」などの声が多数を占めている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング