米国を恐れて妥協した日本、その結果どうなったか―中国メディア

配信日時:2019年9月8日(日) 16時0分
米国を恐れて妥協した日本、その結果どうなったか―中国メディア
画像ID  1122877
4日、中国メディアの海外網は、「米中貿易摩擦において中国が譲歩をすれば、米国はさらに付け込んでくる可能性があることを日本の経験が物語っている」とする文章を掲載した。写真は自由の女神。
2019年9月4日、中国メディアの海外網は、「米中貿易摩擦において中国が譲歩をすれば、米国はさらに付け込んでくる可能性があることを日本の経験が物語っている」とする文章を掲載した。

記事は、米中貿易摩擦を米国が一方的に起こしたとしたうえで「中国が妥協をして譲歩をしたなら、米国はそれで許してくれるのかというと、答えは当然ノーだ」とし、「1960年代から80年代に繰り広げられた日米貿易摩擦で日本が再三譲歩したにもかかわらず、米国はかえって主張をエスカレートさせ、最終的には日本の経済基盤が崩された」と伝えた。

そして、「日本が60年代に高度成長期に入り、68年に資本主義国では米国に次ぐ世界第2の経済大国となると日米間の貿易摩擦が生じ始めた。そして70年代に入ると鉄鋼、家電、自動車、半導体などの分野へと摩擦が拡大し、米国の日本バッシングが強まった」と説明。「中でも米国内で急速に人気を高めていた日本製自動車に対し、米政府は自国産業への脅威とみなして高い関税をかけるに至った」と紹介した。

さらに、「米国の圧力に対して日本は何ら反抗することなく、自らすすんで米国の言うことを聞いていたが、早く事態を収束させたいという日本の思惑とは裏腹に、米国は半導体や鉄鋼などの分野でむしろ一層の圧力をかけたほか、85年のプラザ合意で大規模な円高を強い、これにより日本経済は基盤が崩れ『失われた20年』を迎えることになった」と論じた。

また、「日本が米国の言いなりになった背景には、当時の日本社会に敗戦の記憶と不平等なサンフランシスコ条約による、米国を恐れる心理があった」との見方を示すとともに、「米国による圧力は今なお続いていることが先日の日米貿易合意で日本が武器の購入と米国産余剰トウモロコシの購入を迫られたことからもうかがえる」とした。

記事は最後に「日本の教訓は、厳しい状況や戦いの任務を前に軟弱になれば退路はなく、勇気をもって出撃し勝ちに行ってこそ、国と人民の利益を守ることができるということを啓示しているのだ」と結んでいる。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/09/09 22:02)

    記事の「日本の教訓は、厳しい状況や戦いの任務を前に軟弱になれば退路はなく、勇気をもって出撃し勝ちに行ってこそ、国と人民の利益を守ることができるということを啓示しているのだ」は、日米戦争に踏み切った日本の、昭和16年(1941)11月末にハルノートを突き付けられた日本の心境である。これに対して1960年以降の日米貿易交渉では、日本はアメリカに譲歩を重ねたのは、譲歩してもなお日本に相当な利益があったからである。昭和16年では本当に追い詰められたのである(例えば当時日本は石油の殆どをアメリカから輸入していたのを全面禁輸された。中東の石油は戦後の話である)。今だって中国が北に石油を全面禁輸すれば北は絶滅覚悟で北京に原爆を見舞うでしょう。日本がそれでも米国を離れないのは、それでも人の支配でなくルールの支配を尊重する米国といた方が日本にとってメリットがある(いつまでもトランプはいない)からです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/09/08 16:48)

    言っている事は事実であるが今の中国メディアが言うと負け惜しみの八つ当たりにしか聞こえない、あと今回の米中経済戦争は日本の責任ではないからいちいち日本を引き合いに出すのは止めていただきたい
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/09/08 16:24)

    >不平等なサンフランシスコ条約 中国は内戦中だったので条約に署名していない。〈不平等〉と言うのは、日本に不平等ではなく、中国が参加していないことが不平等なのだろう。 ちなみにソ連も参加していないが、もし参加していたら『北方領土を日本に返せ』とアメリカに言われたからである。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事