Record China

ヘッドライン:

なぜ?コストコ中国1号店に会員カード返却の動き―中国メディア

配信日時:2019年9月5日(木) 7時10分
拡大
オープン初日の盛況ぶりが注目を集めた米コストコ・ホールセールの中国1号店だが、中国・封面新聞は3日、消費者の間に会員カード返却の動きが起きていると報じた。写真はコストコ中国1号店。

オープン初日の盛況ぶりが注目を集めた米コストコ・ホールセールの中国1号店だが、中国・封面新聞は3日、消費者の間に会員カード返却の動きが起きていると報じた。

会員制量販大手の同社が上海市閔行区に中国1号店をオープンさせたのは先月27日。記事によると、開店から3日が過ぎたあたりから「消費者らは次々と会員カード返却の列に並び始めた」もようだ。記事は「筋書に大どんでん返し。それまでの商品争奪状態は一転した」と指摘し、一部の客から「919元(約1万3600円)だったお酒の値段が1069元(約1万5900円)になっていた」などの声が寄せられたことを説明。その上で、「コストコの最大の魅力は『一番安い』こと、消費者に『買わなければ損してしまう』という体験を提供することだ。今、『一番安い』商品は手に入らなくなり、カード返却エリアには長い列ができてしまった」と指摘した。

記事によると、「たくさん買い過ぎたから」と商品を返却する人も相次いでいるという。

この他、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントなどは「安さへの取り組みに以前ほどのすごさがない」「会員カードを返却する人が多くて従業員は午後2時になっても昼食を取れなかった」などと伝えており、こうしたニュースに中国のネットユーザーからは「ちょっと恥ずかしい」「想像してたほど安くなかったってこと?」「中国のおばちゃんにお金を使ってもらおうと思ったらたくさん市場調査しなきゃ」「残ってくれた人は長期的なお客さんになると思うよ」などさまざまなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

コストコ上海店開業2日目も客殺到、深夜2時から並ぶ人も―中国メディア

米会員制量販大手コストコ・ホールセールの中国1号店となる上海店は開業初日の27日、来店客が殺到したことから、安全のため営業終了時間を前倒しする事態に追い込まれた。2日目は開店待ちの人数は減ったが、それでも深夜2時から並ぶ人がいたという。

Record China
2019年8月29日 14時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング