「うんこミュージアム」初の海外展開先は上海、過去最大規模でオープン

配信日時:2019年9月4日(水) 15時0分
「うんこミュージアム」初の海外展開先は上海―過去最大規模
画像ID  1122484
娯楽施設の「うんこミュージアム」が上海に進出する。海外としては初めてで、既設の「うんこミュージアム YOKOHAMA」、「うんこミュージアム TOKYO」よりも規模が大きい。
「うんこミュージアム」初の海外展開先は上海 / 北海道ナチュラルバイオグループが中国での製品についての風評を否定 / DiDiモビリティジャパンが山口エリアでサービス開始 / Afternoon Tea TEAROOMが香港に進出

●「うんこミュージアム」初の海外展開先は上海、過去最大規模でオープン
アカツキライブエンターテインメントとカヤック(本社・神奈川県鎌倉市)が手掛ける娯楽施設の「うんこミュージアム」が「うんこミュージアム SHANGHAI」として、10月19日から2020年1月3日まで、上海市内の大型商業施設である「上海静安大悦城」に開設される。アカツキライブエンターテインメントが3日付で発表した。

「うんこミュージアム」は「日本初の新しい体験エンターテインメント」の位置付け。すでにオープンした横浜・アソビルの「うんこミュージアム YOKOHAMA」についてはデベロッパーや自治体からの問い合わせも多く、次いで営業を開始したダイバーシティ東京プラザの「うんこミュージアム TOKYO」も当初の想定以上の来場者数という。

上海での展開に当たっては上海○金文化伝播(○は金へんに「白」)と上海平方文化発展が協力。中国での施設名は「便便駕到UNKO MUSEUM」。会場面積は703.4平方メートルで、「YOKOHAMA」の612.2平方メートル、「TOKYO」の663.2平方メートルを上回る過去最大規模。アカツキライブエンターテインメントによると、今後も海外への展開を意欲的に進めていく。

●中国での風評を否定、製品成分は中国税関の規則に抵触せず…北海道ナチュラルバイオグループ
北海道ナチュラルバイオグループ(本社・札幌市)は2日、中国などで広まっている同社製品のプラセンタ化粧水「ROYAL LARGE」が臍帯(さいたい)血を含んでいるとする風評を否定した。

発表によると、同社が取り扱うプラセンタの原料となる胎盤はヒト由来ではなく、100%日本産の豚由来。日本ではヒト由来のプラセンタは医薬品成分に分類されるが、プラセンタエキスを含む同社製品は医薬品ではなく化粧品として認可を受け、製造・販売されているという。

また、臍帯成分は含んでいるが臍帯血は含んでおらず、中国の税関などで禁止されているヒト由来臍帯血を含んだ製品には該当しない。「ROYAL LARGE」は中国政府・国家薬品監督管理局の認証許可を取得しており、中国への輸出も可能という。

●DiDiモビリティジャパン、 山口エリアでタクシー配車プラットフォームの提供を開始
DiDiモビリティジャパンは2日、山口エリアでタクシー配車プラットフォームの提供を始めた。「DiDi」は世界最大規模の交通プラットフォームで、中国、日本、オーストラリアなど1000都市以上で提供されている。

日本では2018年9月に大阪でサービス提供を開始し、19年度内に13都市での展開を目標とする。現在は山口エリアを含めて11エリア。山口エリアでは下関市で利用が可能で、今後は同県内で順次、サービスエリアを拡大する予定。

●Afternoon Tea TEAROOMが香港に進出
サザビーリーグと香港企業のTearoom(HK)によるAfternoon Tea TEAROOM(アフタヌーンティー・ティールーム)が28日、香港・九龍のK11 MUSEAに出店する。

メニューに使用する生クリームやアップルパイは日本から空輸し、店舗で焼くプディングやスコーンは日本のAfternoon Tea TEAROOMの味わいを忠実に再現するという。(翻訳・編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事