Record China

ヘッドライン:

腹心のスキャンダル受け、文大統領が声を発する―中国メディア

配信日時:2019年9月3日(火) 12時10分
拡大
3日、環球網は、韓国で文在寅大統領から次期法相に指名された曹国氏の娘に関するスキャンダルについて、文大統領がコメントを発したことを報じた。写真は高麗大学。

2019年9月3日、環球網は、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領から次期法相に指名された曹国(チョ・グク)氏の娘に関するスキャンダルについて、文大統領がコメントを発したことを報じた。

記事は、本人や家族に対する疑惑が次々と取り沙汰されている曹氏が2日、国会内で前代未聞の「国民聴聞会」を開いたと紹介。この場で曹氏が国民に対して謝罪をする一方、娘の論文偽造、奨学金不正受給や家族による私設ファンド投資、脱税などの疑惑を否定したと伝えている。

そして、韓国メディアの報道として、曹氏の娘が高校在学中だった2008年、檀国大学でわずか2週間のインターン実習を行っただけにもかかわらず、娘が筆頭著者名義の病理学論文が発表され、この論文により優待を得たことで10年には韓国の最高学府である高麗大学に入学したと説明。世論からは論文の偽造を疑う声が出ているとした。

記事は曹氏について、刑事訴訟法学界のリーダー的人物で、17年5月の文政権発足後に大統領府民政首席秘書となっており、文大統領の「腹心」とみられていると紹介した。

そのうえで、韓国紙ハンギョレの報道として、文大統領が東南アジア3カ国歴訪前に政府・与党・大統領府の幹部と面会した際に「これまで大学入試制度の改善に努力してきたが、なおも多くの国民が制度は不公平だと感じている。曹氏の家族のスキャンダルという面を超越して、大学入試制度について再検討しなければならない」と語ったことを伝えるとともに、韓国教育部が4日より大学入試制度改革の議論を開始すると伝えている。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

文大統領側近の不正疑惑に怒り収まらず、ソウル大でまたロウソク集会=韓国ネットも応援

29日、韓国・チャンネルAによると、文在寅大統領の側近で次期法務部長官に指名されているチョ・グク氏の「不正疑惑」をめぐり、チョ氏が教授として勤めていたソウル大学で指名を辞退するよう求めるろうそく集会が行われた。写真は韓国大統領府。

Record China
2019年8月30日 6時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング