Record China

ヘッドライン:

疑惑を否定した文大統領側近、ネットではかばんの“あるもの”に批判

配信日時:2019年9月3日(火) 13時40分
拡大
2日、韓国・中央日報は、記者会見のために国会に姿を現した文大統領の側近の鞄に注目した。写真は韓国の慰安婦歴史館。

2019年9月2日、韓国・中央日報は、疑惑釈明会見のために国会に姿を現した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近の「かばん」に注目した。

文大統領の側近で次期法相に内定しているチョ・グク氏は同日、娘の不正入学などの疑惑をめぐり会見を開き、疑惑を否定した。記事によると、会見のため国会に到着し、黒色の乗用車の後部座席から降りたチョ氏は唇を固く結んでいた。さらに片方の肩に背負ったリュックには、韓国で「元慰安婦を象徴する」とされる黄色い蝶のリボンが付いていたという。

これを受け、韓国のネット上では40~50代を中心に「黄色い蝶リボンを付けたからって、免罪符にはならない」「パフォーマンスにはもううんざり」といった批判の声が上がっている。(翻訳・編集/松村)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

文大統領側近の不正疑惑に怒り収まらず、ソウル大でまたロウソク集会=韓国ネットも応援

29日、韓国・チャンネルAによると、文在寅大統領の側近で次期法務部長官に指名されているチョ・グク氏の「不正疑惑」をめぐり、チョ氏が教授として勤めていたソウル大学で指名を辞退するよう求めるろうそく集会が行われた。写真は韓国大統領府。

Record China
2019年8月30日 6時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング