Record China

ヘッドライン:

「中国はF-35の技術を盗んだ」とボルトン氏、中国大使がコメント―米華字メディア

配信日時:2019年9月2日(月) 11時50分
拡大
米華字メディア・多維新聞の8月30日付の報道によると、米国のボルトン大統領補佐官が「中国の戦闘機はF-35の技術を盗んだもの」と発言したことについて、杜偉駐ウクライナ中国大使がコメントした。写真はF-35ステルス戦闘機。

米華字メディア・多維新聞の8月30日付の報道によると、米国のボルトン大統領補佐官が「中国の戦闘機はF-35の技術を盗んだもの」と発言したことについて、杜偉(ドゥー・ウェイ)駐ウクライナ中国大使がコメントした。

ウクライナを訪問したボルトン氏は28日の記者会見で、「中国の第5世代戦闘機は見た目がF-35に似ている。なぜなら、F-35から盗んだからだ」などと語った。同氏は具体的に中国のどの戦闘機がF-35の技術を盗用したかには言及しなかった。これについて、杜大使は「中国への誹謗(ひぼう)中傷である」としてボルトン氏を非難している。

ボルトン氏はこのほか、ウクライナに対して中国の「債務外交」に注意を払うよう警告した。(翻訳・編集/北田

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング