未来の国家間の戦争はどこで起きるか―露メディア

配信日時:2019年9月3日(火) 11時40分
未来の国家間の戦争はどこで起きるか―露メディア
画像ID  1121985
2日、参考消息は、今後起こり得る国家間の戦争で見られる、従来の戦争とは異なる三つの点を紹介する、ロシアメディアの報道を伝えた。
2019年9月2日、中国メディアの参考消息は、ロシアメディアの報道を基に、今後の国家間の戦争で見られる従来の戦争とは異なる三つの点を紹介した。

記事は、ロシア・スプートニクの8月28日付報道を引用。ロシアのシンクタンク、ヴァルダイ国際討論クラブが近ごろ発表した報告の中で、新技術の出現により今後15~20年の間に国家間での戦争に大きな変化が生じるとの認識を示したという。

まず一つ目は、先進的な人工知能技術に基づく無人航空システムが大きく発展するとし、今後10年で無人システムが戦場での敵軍装備の識別や具体的な脅威の列挙などといった役割を果たすようになるとした。だだし、「技術革命を実現できるのは、先進的な工業製品を安価かつ大量に生産できる力を持つ国に限られる」とした。

二つ目は、作戦行動空間の拡大。戦場は従来の陸・海・空からサイバー空間、宇宙、深海へと広がり、中でも宇宙については「戦争での戦術面で非常に大きな役割を発揮するようになり、いかなる軍事行動にも不可欠な要素になる」との見方を示している。

そして三つ目は、国同士の争いが単に軍隊の衝突だけにとどまらず、経済、金融、イデオロギー、文化、スポーツなど、人類や国家のあらゆる活動領域にまで浸透することになること。そして「軍隊間の戦争が社会間への対抗へと移行し、それぞれの社会が自ら設定する未来を賭けて戦うことになる」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • wak***** | (2019/09/11 01:04)

    未来どころか喫緊の危険は 日朝じゃないか? あの民族の切れるポイントは理解しがたい
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/09/05 10:36)

    宇宙、深海っての以外、今とあんまり変わらんじゃないか。 経済戦争はもうやってるし、ネット上なんて世界各国の諜報機関がウロついてる。 世界人口が70億を超えて、環境問題にエネルギー問題、食料問題などなど人類全体の課題が山積してるって言うのに、人類同士の殺し合いやいがみ合いにリソース割いてる場合じゃ無いと思うんだが。 結局のところ、民主主義だの自由主義だの言ってても、「俺らが世界のリーダーになる」って野望を大国なりが抱いてるうちは、王制国家や封建国家に逆戻りする可能性が非常に高いんだよね。 まあ、そういう国家の裏にいるユダヤ財閥なりは、各国の「王」さえ金で操っておけばそれで済む話ではあるが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/09/05 01:44)

    (続き)従って、今後の戦争は、限定かつ短期に行われ、いわばゲーム化します。戦争はどこでも行われる可能性があります。前線というようなものはなくなります。銃後の守りなど昔話です。戦争で死ぬことは言わば交通事故に遭うというような運の悪いことになるかもしれません。敗戦国では、戦争で死ぬ人はほとんど出ないでしょう。そもそも戦争の目的が自国の経済的利益の実現になります。第二次大戦のナチスドイツのような他民族絶滅が戦争の目的になることはなく(従って核は脅しに使われるだけで実際に使われることはないでしょう)古代のように、敗戦国の住民を奴隷化することが新たな戦争の目的になるのかもしれません。敗戦国の国民は戦勝国の奴隷のような立場に置かれることになり、人権も蹂躙され、搾取の対象となるでしょう。おそらく韓国が非難してやまない、慰・安婦や徴用工の現代版になるのかもしれません。(終)
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事