Record China

ヘッドライン:

日本人が「抗日神ドラマ」を見たらどう思うか―中国メディア

配信日時:2019年9月2日(月) 22時30分
拡大
2019年9月1日、解放日報は、いわゆる「抗日神ドラマ」を「雷劇」と称したうえで「軽視できないネガティブな影響がある」と論じる記事を掲載した。

記事は、「近年、見ていて不愉快になり、見たくなくなるテレビドラマがある。それは、歴史の真実を完全に無視したストーリーで、敵の人物をおもしろおかしく描写するという特徴を持つ『雷劇』だ」と指摘する。そして、「これらの作品は愛国主義の発揚という理由でなぜか容易に審査を通ってしまい、テレビで放送される。それはおそらく、このような作品を求める市場や視聴者があるからなのだろう」と分析した。

その上で、「しかし、この手の『雷劇』はどの角度から見ても、大衆に知らず知らずのうちにネガティブな影響を与えている。まずは、敵の醜態化だ。抗日戦争は強大な日本帝国主義に対し、弱い中国が苦しみながらあらがうというのが基本姿勢であるのにもかかわわらず、『雷劇』では敵が極めて愚鈍であり、一撃で倒される。このような敵の設定では、14年の抗戦で払った人類史上まれに見る重大な犠牲や、苦しみに耐え忍んだ軍隊や民衆の姿が風化されてしまう」と危機感を示した。

また、「文化的な面で見れば、史実にそぐわないうえに芸術的な水準にも達していない駄作である。登場人物は単純化され、その奮闘ぶりや人間性の描写から戦争の過酷さを表現することなく、視聴率や収入のために不条理な虚構を作り上げている。こんな作品で、視聴者の文化的な品位や審美意識を高めることができるのか」と強く批判した。

記事は、「テレビでは今なお『雷劇』が作られ放送され続けているようだが、良知のある視聴者は、ドラマを見た後で何かを感じるはずだ」とした上で、日本人を念頭に「侵略戦争を発動した国の今の人たちがこの『雷劇』を見て、中国に対して抱くのはリスペクト、軽蔑のどちらだろうか」と論じた。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本軍を愚鈍化した抗日神ドラマ、中国人の約5割が「歴史歪曲」と回答=中国ネット「日本人は馬鹿だと信じてた」「これは中国版SFだ!」

1日、素手で日本兵を切り裂くといった奇抜な演出で知られる、いわゆる「抗日神ドラマ」に関する意識調査の結果、5割近い中国人が「抗日神ドラマは歴史を歪曲(わいきょく)している」と考えていることが分かった。写真は抗日ドラマ。

Record China
2015年9月3日 8時1分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング