Record China

ヘッドライン:

新品の靴の先の方に詰められているあの紙、実はこんなに役立つ―中国メディア

配信日時:2019年9月1日(日) 17時40分
拡大
29日、中国メディア・新華社は「新品の靴の中に入っている丸まった紙は、こんなにも役に立ったのか!」と題した記事でその使い道を紹介した。写真は靴。

中国メディア・新華社は29日、「新品の靴の中に入っている丸まった紙は、こんなにも役に立ったのか!」と題した記事でその使い道を紹介した。

記事はまず、「新しい靴を買うと決まって中に紙が詰められている。多くの人はそのまま捨ててしまうだろうが、実はあの紙はとても有用なのだ!」とした。

そして、靴に紙が入れてある理由について、「保管されたり、輸送されたりする際に押しつぶされて型崩れするのを防ぐため」と説明した上で、詰められていた紙を有効活用する4つの用途を紹介した。

1つ目は「吸湿・防湿・防カビに使う」。記事は、「履かない靴を保管する際にあの紙を詰めておけば、型崩れ防止だけでなく湿気対策にもなる。なお、活性炭を入れることでも靴の寿命を延ばすことができる」とした。

2つ目は「キッチンの油汚れを落とす」。記事は、「洗剤または油汚れ用洗剤を入れた水に紙を浸せば、それで軽く拭くだけでコンロなどの汚れを楽に落とせる」とした。

3つ目は「床に落ちた髪の毛を掃除する」。記事は、「紙を小さくちぎって落ちている髪の毛の上に撒けば、髪の毛がくっついて拾いやすくなる」とした。

そして最後は「靴の臭いを取る」。「靴を保管するときに、紙にアルコールもしくは消臭剤を吹き付けたものを入れておけば、清潔かつ無臭に保てる」と紹介した。(翻訳・編集/岩谷)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本語の勉強とゴキブリ研究―中国人学生

一つの言葉をきっかけに、自分の意識が大きく変わる経験をしたことがある人は少なくないだろう。日本語を学ぶ陳長遠さんにとってそれは授業中に先生がした「ゴキブリ研究者」の話だった。資料写真。

日本僑報社
2019年7月2日 14時40分
続きを読む

ランキング