Record China

ヘッドライン:

香港で民主活動家ら3人が相次ぎ拘束!日本でも活動の「民主の女神」アグネス・チョウ氏も

配信日時:2019年8月30日(金) 13時10分
拡大
香港で民主派や独立派の人物が相次いで当局に拘束されている。写真は周庭さんのFBより。(周さんの背後で親指を立てているのが黄之鋒氏)。
(1/2枚)

香港で民主派や独立派の人物が相次いで当局に拘束されている。

その他の写真

香港国際空港から日本に向けて出国しようとしていた香港独立派の陳浩天(アンディ・チャン)氏(28)が29日、当局に拘束された。陳氏はフェイスブックに「香港空港で出国の税関手続き中に警察に拘留された」と投稿。東京へ向かう予定だったという。陳氏は香港独立を主張する香港民族党の指導者だ。

また、2014年に民主化デモ「雨傘運動」を主導した民主団体「デモシスト(香港衆志)」の幹部の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏(22)は30日朝、地下鉄駅へ向かう途中で当局に拘束された。「3つの罪に問われている」と報じられているが、詳細は不明だ。

さらに、同じく「デモシスト」幹部で、「民主の女神」と呼ばれる周庭(アグネス・チョウ)氏(22)も30日午前、自宅で拘束された。周氏は日本語が堪能で、たびたび日本を訪れて講演を行ったり、テレビ番組に出演したりしていた。(翻訳・編集/北田

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

香港デモ主導の“民主の女神”が東京でアピール「あきらめず抵抗を続ける」=逃亡犯条例改正の撤回訴え

香港の民主派政党「香港衆志」の周庭氏が来日し、日本記者クラブで会見した。中国本土に容疑者を引き渡せるようにする逃亡犯条例改正案について周氏は、中国に批判的な活動家や企業関係者なども移送の対象になりかねないと指摘した。写真は記者会見。

八牧浩行
2019年6月13日 5時20分
続きを読む

香港「逃亡犯条例」で緊迫、「一国二制度の危機」と民主派、「内憂外患」に神経をとがらせる中国当局

香港で身柄を拘束した容疑者の中国本土への移送を可能にする「逃亡犯条例」の改正案をめぐり、緊迫が高まっている。中国当局は米中貿易戦争に続く「内憂外患」に神経をとがらせている。写真は香港(提供:Hong Kong In-media)。

Record China
2019年6月14日 15時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング