Record China

ヘッドライン:

日本サッカー協会のW杯での目標が中国ネットで話題に=「確かにそれだけの実力はある」「日本の恐ろしいところは…」

配信日時:2019年9月2日(月) 14時30分
拡大
31日、新浪体育は、日本サッカー協会が定めたサッカー日本代表の目標について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はサッカー日本代表のユニフォーム。

2019年8月31日、新浪体育は、日本サッカー協会(JFA)が定めたサッカー日本代表の目標について紹介する記事を掲載した。

記事は、「JFA中期計画2019-2022」の中で、サッカー男子日本代表のワールドカップ(W杯)カタール大会でベスト8入りを目標としていると紹介。さらに長期的な目標として、2050年までにW杯を日本で開催し、日本代表がその大会で優勝することとしていると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「確かにそれだけの実力はあると思う」「日本が目標達成する可能性は高い。卓球や陸上、バドミントン、バスケットボール、サッカー…。これらは近年台頭してきており、成績を見ると希望があると思う」などのコメントが寄せられた。

また、「韓国だって4強に入ったことがあるんだからな。日本が優勝できないことはないだろう」「日本サッカーの恐ろしいところは、大きなことを言った後にすべて実現していること」というユーザーもいて、多くのネットユーザーが目標達成は可能だと考えているようだ。

ほかには、「恐ろしい民族だということを認めざるを得ない。野心が強すぎる」との意見や、「確か中国も同じような目標を以前に立てたことがある。今は誰も言及しないけど」との指摘もあった。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日韓W杯、韓国VSイタリア戦のあの主審が自身を高評価!=中国ネット「サッカー史に残る黒歴史」「日本は韓国よりも…」

2002年のW杯日韓大会の韓国対イタリアの試合で主審を務めたエクアドル人のバイロン・モレノ氏がこのほど、母国メディアのインタビューで一部のジャッジに誤りがあったことを認めた。写真はソウルの日韓W杯記念館。

Record China
2019年5月8日 16時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング