Record China

ヘッドライン:

馬雲氏、「来世ではステキな女性になりたい」 2019世界女性起業大会

配信日時:2019年8月29日(木) 14時20分
拡大
このほど開催された2019世界女性起業大会(Global Conference on Women and Entrepreneurship)で、阿里巴巴(アリババ)グループ会長の馬雲(ジャック・マー)氏が講演を行った。

このほど開催された2019世界女性起業大会(Global Conference on Women and Entrepreneurship)で、阿里巴巴(アリババ)グループ会長の馬雲(ジャック・マー)氏が講演を行った。その中で馬雲氏は、仕事をやり遂げるためには男性に頼り、仕事をきちんとやるには女性に頼る必要があるとし、素晴らしい仕事をやり遂げるには男女が一緒になってやる必要があるとした。また、「どんなにすごい男でも、女性から離れたら、役立たずになってしまう」とした。

馬雲氏は、アリババの女性技術者が全体に占める割合はわずか13%だが、デザイナーはその51%が女性だとし、アリババのAIアシスタント「天猫精霊(Tmall Genie)」の製品コーディングは男性社員が行ったが、デザインは主に女性社員が完成させたと紹介した。

さらに馬雲氏は、「ロボットの世界においても、美と質の基準を決めるのはやはり女性。女性が製品開発に関わることで、世界はさらにその美しさを増すことになるだろう」とした。

講演の最後を馬雲氏は、「どんなにすごい男でも、女性から離れたら、役立たず。私は来世ではステキな女性になりたいと思う」と締めくくった。(編集TG)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング