LINEに文大統領をおとしめるスタンプが登場?韓国人からの抗議で削除=ネット「信じられない」

Record China    2019年8月29日(木) 17時20分

拡大

29日、韓国・聯合ニュースは「NAVERの子会社のLINEが文在寅大統領をおとしめるようなスタンプを販売し、韓国のユーザーから通報を受けて削除するハプニングが起きた」と伝えた。資料写真。

2019年8月29日、韓国・聯合ニュースは「NAVER(ネイバー)の子会社のLINEが文在寅(ムン・ジェイン)大統領をおとしめるようなスタンプを販売し、韓国のユーザーから通報を受けて削除するハプニングが起きた」と伝えた。

記事によると、LINEは最近、日本や韓国で運営する「LINE STORE」のクリエーターズスタンプのページで「文大統領スタンプ(Stamps of Mr.Moon)」と名付けられたスタンプセットを販売した。韓国での販売価格は1200ウォン(約104円)。記事は同スタンプについて、「やや奇怪な印象の文大統領の似顔絵」とともに「どうもムンちゃんです」「その話なんだっけ」「私はまともです」「ぜんぜん平気」「お前が悪い!!」「破棄!!」「反対!!」「約束?なにそれ」の8種類の日本語のコメントが付いていたと説明し、「日韓関係が悪化する中、日本の極右勢力の視点で作られたものとみられる」と指摘している。

また、「LINEクリエイターズマーケットでは誰でもスタンプを作成して販売できるが、審査ガイドラインで特定の国籍所有者、人物、法人、集団に対する誹謗、中傷、攻撃と判断された場合や、特定の国籍所有者、宗教、文化、集団に対する攻撃やそれらに不快を与える可能性がある場合は販売を拒否もしくは中止すると定められている」とした上で、「今回の文大統領スタンプは明らかに該当しているが、登録手続きを通過した」と説明している。

韓国のユーザーからの抗議を受け、LINEは同スタンプを28日午後に削除したという。

これに韓国のネットユーザーからは「NAVERは親日だったの?」「NAVERも不買運動だ」「信じられない。お金のためならこんなことまでするのか?」「なぜ販売を許可した?基本がなってないな。人としての道義は守るべきだ」など批判的な声が上がっている。

一方で「表現の自由では?嫌なら買わなければいいだけ」と指摘する声や、「そのスタンプ欲しかった!」との声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携