Record China

ヘッドライン:

<バスケ>「震撼させられた」=福岡第一高校の河村勇輝を中国メディアが大絶賛!

配信日時:2019年8月29日(木) 16時50分
拡大
29日、新浪体育は、中国の10代男子バスケットボールの有望選手で結成された「籃板青春隊」が日本の高校チャンピオン・福岡第一高校と対戦した際、同校のキャプテン・河村勇輝が群を抜く素晴らしい才能を披露したと報じた。

2019年8月29日、新浪体育は、中国の10代男子バスケットボールの有望選手で結成された「籃板青春隊」が日本の高校チャンピオン・福岡第一高校と対戦した際、同校のキャプテン・河村勇輝が群を抜く素晴らしい才能を披露したと報じた。

「籃板青春隊」は、31日から中国でバスケットボール・ワールドカップが行われるのを記念して、中国のテレビ局がリアリティー番組制作のために結成した10代選手による選抜チーム。今年の夏に、能代工業、福岡第一という日本高校バスケ界のトップ校と交流試合を行った。

記事は、28日に行われた福岡第一との試合で、「籃板青春隊」が76-81で惜敗したと紹介。一方で、スコア上ではわずか5点差の接戦だったものの、その内容は「全体において福岡第一に圧倒されていた」と評した。

そして、試合の中で最も「震撼させられた」のは、福岡第一の司令塔・河村だったとし、相手の攻撃に対するディフェンス、相手の守りをかいくぐる能力、パスのいずれにおいても抜群の実力を見せたと伝えている。

また、「データ的には10得点7アシストという平凡な成績に見えるが、そのプレーはほかの選手の数段も上だった」と説明。試合の解説者が何度も「速い」と河村を評していたことを紹介するとともに、「彼の最も強い点はスピードではない。頭の良さこそが最大の武器だ」と指摘した。

そのうえで、1メートル72という身長の低さをスピードと技術で補い、頭脳プレーを披露するスタイルは元NBAプレーヤーの田臥勇太の再来を思わせるとともに、人気漫画「スラムダンク」の登場人物を引用して「全面強化版の宮城リョータだ」と評している。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング