【CRI時評】米国企業が中国という「世界の工場」を手放すのは困難だ

配信日時:2019年8月28日(水) 21時0分
【CRI時評】米国企業が中国という「世界の工場」を手放すのは困難だ
画像ID  1121000
 最近になり一部の米国人が、関税措置をエスカレートさせるだけでなく、米国企業を中国から撤退させる命令を出し、代替方式を模索せねばならぬと公言するようになった。この言葉に、米国の経済界は広く一様に震撼した。中国という「世界の工場」が持つ独特な優位さは、米国企業を含む多国籍企業にとっ...
 最近になり一部の米国人が、関税措置をエスカレートさせるだけでなく、米国企業を中国から撤退させる命令を出し、代替方式を模索せねばならぬと公言するようになった。この言葉に、米国の経済界は広く一様に震撼した。中国という「世界の工場」が持つ独特な優位さは、米国企業を含む多国籍企業にとって手放し難いものだからだ。

その他の写真

 中国は14億人近い消費人口を有しており、うち4億人以上は中間所得層だ。この巨大な市場潜在力と、消費に対する要求が日増しに高まりつつあることで、中国市場は世界に類のない「スーパー購入力」を持つことになった。中国は多国籍企業に対して完璧な産業チェーンやサプライ・チェーンを提供し、企業はコストを低減させることもできる。これは中国が持つ、他の地域では代替不能な大いなる優位さだ。それ以外にも、中国には完備な港や道路・鉄道などのインフラ施設や物流ネットワークがあり、多国籍企業の工場やサプライヤーが全世界の顧客と結びつくのに有利だ。

 同時に、中国には9億人近い労働人口があり、毎年800万人の大学卒業生を生み出している。高等教育を受けた労働人口数は、全世界を見渡しても圧倒的に多い。

 「世界の工場」は一朝一夕にはぐくめるものではない。一部の米国人の幻想は市場経済の法則に背き、企業の正常な経営をかく乱するものであり、極めて非現実的だ。意地を張ってみたところで、米国と世界の経済に動揺をもたらすだけだ。(CRI論説員)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事