Record China

ヘッドライン:

中国初の「宅配便学院」を開設、全国から学生募集―江蘇省南京市

配信日時:2019年9月2日(月) 7時20分
拡大
南京郵電大学は27日、「宅配便学院」を正式に開設し、「宅配便人材」を育成する中国初の専門学院となった。写真は中国の宅配業者。

南京郵電大学は27日、「宅配便学院」を正式に開設し、「宅配便人材」を育成する中国初の専門学院となった。新華社が伝えた。

宅配便学院は蘇寧物流と南京郵電大学現代郵政学院が共同開設。「効果的なコミュニケーションとプレッシャー処理」「宅配便末端安全管理強化の道」などの専門カリキュラムが設けられている。「われわれは郵政宅配便育成センターも設け、これを基礎に社会的サービス・プラットフォームを築くべく力を入れていく」と、南京郵電大学現代郵政学院の孫知信(スン・ジーシン)院長は説明する。

宅配便学院は何も突然思いついたように開設されたわけではない。「宅配便配達員洞察報告2018」によると、中国の宅配便配達員は2016年から2018年までに50%増加し、すでに300万人に達している。「宅配便業界に入る若者が増えているが、配達員の流動率は依然高止まりしている。キャリア計画や社会的な職業アイデンティティーの欠如が、この問題の主たる原因だ」と江蘇省郵政管理局の蒋波(ジアン・ボー)副局長は語る。

「外部の多くの人は配達員は実質的価値の高くない職業だろうと考えている。いわゆるプロは、宅配業も同様で、良い宅配員であるには心理学や言語学なども習得する必要があるという点を心得ている」。江蘇省宅配便協会の孫安寧(スン・アンニン)会長は「職業に優劣はない。むやみに自分を卑下しては決してならない。自らの努力を通じて、学習を強化し、この業界に対する評価を高め、業界全体がより良い方向へ発展していく後押しをしよう」と配達員らを激励する。

配達員を力づけることの意義は、いくつかカリキュラムをこなすだけの簡単なことでは決してない。蘇寧物流集団の徐偉(シュー・ウェイ)副総裁は「今後、蘇寧は企業と大学の連携という強みを十分に発揮して、産学研を結合し、質の高い応用技術型人材を育成し、宅配便人材の専門能力を共同で整備し、業界をエネルギッシュにする」と語る。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

配達員が配達中の盗難被害通報も警察は相手せず=ネット激怒「この警察官はまじめにこんなことを言っているのか?」―中国

13日、新浪財経は、配達中に荷物の高級酒を盗まれた配達員が、警察に通報するも相手にしてもらえなかったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2019年7月15日 8時0分
続きを読む

「本当にいいところだぞ」=日本に半年間留学していた先輩が心打たれたもの―中国人学生

近年、中国では日本への医療ツーリズムに注目が集まっている。医療水準の高さだけでなく、医師や看護師の応対など「医療サービス」の質の高さが評価されているようだ。安交通大学の王雄凱さんは、日本と中国の病院についてつづった。写真は中国の病院。

日本僑報社
2019年5月27日 11時30分
続きを読む

ランキング