Record China

ヘッドライン:

世界一の造船国・中国、今後5年間で3分の1の造船所が倒産の可能性―米メディア

配信日時:2013年7月7日(日) 11時22分
拡大
5日、世界最大の造船国である中国の造船業界が苦境に立たされている。業界の予測によると、今後5年以内に3分の1の造船所が倒産する可能性があるという。写真は江蘇省南通市の造船所。
(1/2枚)

2013年7月5日、ブルームバーグによると、世界最大の造船国である中国の造船業界が苦境に立たされている。業界の予測によると、今後5年以内に3分の1の造船所が倒産する可能性があるという。環球時報(電子版)が伝えた。

その他の写真

中国の造船業界の今年5月の受注は前年同期比23%減となった。受注の減少は手付金受領額の減少にもつながっている。10年には総価格の20%を要求していた手付金は、現在は総価格の2.5%まで引き下げているケースもある。

また、受注単価や総額も下落している。今年4月には、コンテナ1万3500個の積載が可能な船舶を08年6月以降の最低価格1億600万ドルで受注した。新規受注総額も08年の1747億ドルから12年には847億ドルへと半減している。

一方、各企業の流動性資金の不足も顕著になっている。中国船舶工業行業協会の王錦蓮(ワン・ジンリエン)秘書長は「金融機関自身の流動性資金不足が問題になっている現段階では、造船業界に資金提供したがらない」と話した。

世界第2の造船国・韓国との競争激化も中国企業の苦境に大きく影響している。中国の造船業界は12年、造船所464カ所で受注額143億ドル、積載量1870万載貨重量トンを受注した。これに対し韓国は、造船所88カ所で受注額296億ドル、1460万載貨重量トンを受注している。

昨年12月末現在で、中国には年間500万元(約8250万円)以上の売上高のある造船所が1647カ所存在しているが、これらの造船所は現在、石油採掘取引の拡大によって新規受注額下落の影響とのバランスを保っている。

業界アナリストは「市場全体が不景気のため、造船業界は八方ふさがりの状態にある。今年は従来よりもさらに厳しい年になる」と予測している。(翻訳・編集/HA)

関連記事

ランキング