「東京五輪の安全」めぐり韓国メディアがIOCに直談判、その結果…

配信日時:2019年8月28日(水) 17時50分
「東京五輪の安全」めぐり韓国メディアがIOCに直談判、その結果…
画像ID  1120827
28日、国際オリンピック委員会(IOC)が、来年の東京五輪の放射能問題を懸念する韓国メディア・SBSからの問い合わせに対し「福島地域の競技場は放射能から安全だという確約を得た」との回答を示した。資料写真。
2019年8月28日、国際オリンピック委員会(IOC)が、来年の東京五輪の放射能問題を懸念する韓国メディア・SBSからの問い合わせに対し「福島地域の競技場は放射能から安全だという確約を得た」との回答を示した。

SBSの記事によると、20~22日に開かれた東京五輪選手団長会議で、韓国代表のパク・チョルグン団長(大韓体育会事務副総長)は東京五輪組織委員会に「放射能の安全問題」について異議を唱えた。パク団長は五輪で使用される福島県の野球場の放射能安全問題と、選手村の食事に福島産の材料が含まれている問題を中心に質疑を行った。これに対し東京五輪組織委員会は「安全な食品の普及に向け努力している」と述べ、福島産材料の使用計画を中止するかどうかについては言及しなかったという。

これに関しSBSが、最終的な決定権を持つIOCに質問書を送付したところ、IOCからは「IOCの最優先事項は五輪に参加する選手とスタッフの健康と安全だ」とした上で「東京五輪組織委員会から東京とその近隣の競技場(福島を含む)は安全だとの確約を得ている。IOC検証委員が汚染地域の競技場を何度も訪問し、バッハIOC会長も昨年福島を訪問した。さらに東京五輪組織委員は定期的に現況についての報告書をIOCに提出している」とする回答があったという。

この回答を受け、SBSは「大韓体育会がIOCと東京五輪組織委員会に要求した第三国の専門機関を通じた客観的な放射能検証は実現しない可能性が高い」と伝えている。

この記事に韓国のネットユーザーからは「第三国の確約がないと信じられない」「日本は安全だと言うに決まっている」「IOCは何か問題が起きたら『我々もだまされた』と言って逃げるつもりだろう」「IOCは日本の仲間?日本からお金をもらったのか?」など不満の声が上がっている。また「韓国は五輪をボイコットすべきだ」と訴える声も多い。

その他「競技場以外の場所はどうなの?」「韓国メディアが現地に行って直接確かめるしかない」などの声も見られ、放射能問題への懸念は高まっているようだ。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 14

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事