韓国の日本産廃棄物放射能検査、摘発はここ5年で0件=韓国ネット「あり得る?」

配信日時:2019年8月28日(水) 13時50分
韓国の日本産廃棄物放射能検査、摘発はここ5年で「0件」=韓国ネット驚き
画像ID  1120773
28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の環境部が摘発した日本産廃棄物の放射能基準値超過事例がここ5年で「0件」であることが分かった。写真は放射性検査機械。
2019年8月28日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の環境部が摘発した日本産廃棄物の放射能基準値超過事例がここ5年で「0件」であることが分かった。

韓国国会の環境労働委員会所属のシン・チャンヒョン「共に民主党」議員が28日に環境部から提出を受けた資料によると、日本から輸入した石炭殻、廃バッテリー、廃タイヤなどの廃棄物の量は、2016年は151万6000トン、17年は154万3000トン、18年は146万6000トンに達した。日本から輸入された廃棄物はセメントの原料やセメントを作る際の燃料になるなど、さまざまな用途で再利用される。毎年100万トンを超える廃棄物が日本から輸入されているが、14年から今まで放射能検査で基準値を超えたケースはなかったという。

一方、環境労働委員会が14年から最近までに日本から輸入した鉄スクラップ、コンテナ、アルミニウムなどの検査で基準値を超過し、日本に送り返したケースは24件に上ったという。

環境部は最近、日韓の貿易対立の深刻化を受け、日本から輸入する廃棄物の放射能・重金属検査を強化すると発表していた。

この結果を受け、シン議員は「摘発をより徹底するため、環境部ではなく環境労働委員会が日本産輸入廃棄物の放射能検査を行うべきだ」と主張しているという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「0件なんてあり得る?」と疑う声が上がっている。また「環境部の誰かの懐が潤ったことは確実」「環境部はお金のことばかりで国民の安全など考えてない」と指摘する声や、「環境部がちゃんと検査をしていたか調査するべきだ」「廃棄物の輸入自体を禁止にしてほしい」などと訴える声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/08/28 16:53)

    火力発電所から出た石炭灰が放射能に汚染されているわけがない。韓国が検査費用を無駄にするのは勝手だが、原発が石炭で稼働しないくらいわかるはずである。
    このコメントは非表示に設定されています。
    135 0
  • コング***** | (2019/08/28 14:50)

    福島よりソウルの放射線量は高く東京と比較しても3倍も高い。 元々自然放射線が高い国のうえ原発密集度がもっとも高い国で有りながら放射性廃棄物の管理がズサンな事に起因している。 〈日本政府観光局2019年7月発表は以下〉 東京「0.038マイクロシーベルト」 パリ「0.043マイクロシーベルト」 ニューヨーク「0.044マイクロシーベルト」 北京「0.072マイクロシーベルト」 ソウル「0.125マイクロシーベルト」 今回 日本のオリンピックに放射線という難癖をつけてきてますが このデータを提示して世界中に発信して欲しいものです。
    このコメントは非表示に設定されています。
    96 0
  • 仙田 ***** | (2019/08/28 14:07)

    そもそも「水産物禁輸」にしても指定している8都道府県の中に「群馬県」と「栃木県」という海の無い都道府県が二つも含まれているので、韓国の言い分など完全に根拠の無い言い掛かりなのである、第一福島県のあの場所に原子力発電所を造ったのは万が一事故が起こった場合は筑波山等で放射能や放射性物質が塞き止められて人口の多い関東地区が放射性の危険にさらされない為だったのである、日本の揚げ足を取りたい韓国の皆さん御愁傷様、である
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事