JFEケミカルが電池材料事業で内モンゴルに合弁設立、その他

配信日時:2019年8月28日(水) 9時20分
JFEケミカルが電池材料事業で内モンゴルに合弁設立、その他
画像ID  1120675
JFEスチール子会社のJFEケミカルは内モンゴル自治区烏海(ウーハイ)市に、電池材料事業の合弁会社を設立する。写真は烏海市の様子。
JFEケミカルが電池材料事業で内モンゴルに合弁設立 / 新都ホールディングスが広東省紡織品進出口と戦略的パートナーシップ / シートリップが愛知県と連携、外国人旅行者の誘致を促進 / ネットショップ作成サービス「BASE」が「タオバオ新幹線」と連携サービス

●JFEケミカルが電池材料事業で内モンゴルに合弁設立
JFEスチールの100%子会社であるJFEケミカルと中国宝山鋼鉄の100%子会社である宝武炭材料科技は、中国での電池材料(人造黒鉛負極材)事業に関して合弁で進出することに合意した。内モンゴル自治区烏海(ウーハイ)市に烏海宝傑新能源材料を設立する。JFEスチールとJFEケミカルが27日付で発表した。

出資比率は、JFEケミカルが40%の約1億400万元(約15億2000万)円、宝武炭材料科技が51%(約1億3300万元、約19億5000万円)、天和炭化が9%の(約2300万元、約3億4000万円)。

●新都ホールディングスが広東省紡織品進出口と戦略的パートナーシップを締結
新都ホールディングスは27日、広東省紡織品進出口(広東省紡織)と戦略的パートナーシップ協議書を締結することに決めたと発表した。

広東省紡社中国におけるアパレル業界の中核的企業であり、服飾の輸出について各国から大きい信頼を得ており、ODM及びOEMサプライヤーとしても世界的に著名な存在という。

●シートリップが愛知県と連携、外国人旅行者の誘致を促進
中国の大手オンライン力会社のシートリップ(携程旅行網、Ctrip)は27日、愛知県と外国人旅行者の誘致促進のため協定を締結したと発表した。

シートリップが都道府県と連携協定を締結するのは4件目で、中部地方の県と協定を締結するのは初めて。愛知県は中国をはじめとして、タイやシンガポール、ベトナムなど、数多くの国と日本をつなぐ中部国際空港セントレアがあり、訪日外国人にとってもアクセスしやすい県という。

●ネットショップ作成サービス「BASE」が「タオバオ新幹線」との連携サービスを開始
中国⼤⼿ECモール「タオバオ」より中国輸⼊代⾏を⾏う「タオバオ新幹線」を運営するUSHIDO(本社・福岡市)は27日、BASEが運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」の出店ショップ向け拡張機能「BASE Apps」と連携し、⽉額500円で中国輸⼊の仕⼊と発送をワンストップでサポートするドロップシッピング型サービスを始めたと発表した。

同サービスは「BASE Apps」の拡張連携機能である「Instagram販売」機能などと組み合わせて利⽤することにより、さらに⼿軽なネットショップ運営ができるという(翻訳・編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事