Record China

ヘッドライン:

ファーウェイ、新スマホのパネルサプライヤーに中国メーカーの代わりにサムスンディスプレイ採用か―韓国メディア

配信日時:2019年8月27日(火) 20時20分
拡大
27日、米華字メディアの多維新聞によると、韓国・東亜日報は「ファーウェイが新しいスマートフォンのパネルサプライヤーに、中国メーカーの代わりにサムスンディスプレイを採用すると伝えられた」と報じた。資料写真。

2019年8月27日、米華字メディアの多維新聞は、韓国・東亜日報が「ファーウェイが新しいスマートフォンのパネルサプライヤーに、中国メーカーの代わりにサムスンディスプレイを採用すると伝えられた」と報じたことを紹介した。

それによると、東亜日報は、「ファーウェイがリリースを控えたフラッグシップスマホ、Mate 30とMate 30 Proのパネルサプライヤーとして、中国メーカーの代わりにサムスンディスプレイを選択したと伝えられた」とし、「Mate 20 Proで画面変色問題が起きたことを受け、メーカーを変えたものだという分析が出ている」と報じた。

東亜日報は、「Mate 20 Proは、一部の製品で画面の端が緑色に光る現象(Gluegate)が起きた。同機に搭載されたOLEDパネルは、中国大手ディスプレーメーカーの京東方(BOE)が供給していた」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国ディスプレー大手「折り畳みスマホは2?3年内に爆発期迎える」―米華字メディア

26日、多維新聞は、中国大手ディスプレーメーカーの幹部が「フレキシブルディスプレー技術はすでに成熟し、折り畳み式スマホは今後2~3年内に本当の爆発期を迎える」との見方を示していると伝えた。写真は中国Royoleが発表した折り畳みスマホ「FlexPai」。

Record China
2019年8月26日 18時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング